タグ:ボード ( 34 ) タグの人気記事

2015年 02月 09日
答えは雪に聞け in GALA湯沢
c0160283_2332442.jpg11年ぶりに行ったよ、GALA湯沢!(ガーラってどういう意味なんだろね) すっかり年に一度の行事になってしまった雪山行。なんとなく久しぶりにガーラとか行ってみたらどうなるんだろ?的な好奇心と、ラクしたい精神があいまっての目的地決め。友人達のスノボ企画に相乗りさせていただきやした。ひとり前日ドタキャンからの代打を見つけるも寝坊で遅刻という展開を乗り越えていったガーラ、予想以上に楽しめちゃったわー。

とにかく、20代の頃のようにガツガツ滑りたい欲求もそれを可能にする体力もなくなっていたところ(前日20kmランのダメージもあった)、そのテンションにぴったりはまるサイズだったのがガーラでした。前の記憶同様に、短めのコースが多くてバリエーション豊富とも言えないんだけど、それで十分だったことが嬉しい誤算。非圧雪のゾーンは人も少なかったけど雪もガリガリで一回滑ってもういいやってなり、あとは気持ち良く滑れればそれでよしという感じ。コース下の方はやっぱり初心者がたくさん。今でもちゃんと初心者が来ていることになんだか嬉しくなったよ。

なにより今日は天気がよくてね。晴れでこそなかったけど、山頂付近からの見晴らしがよく、周囲の山の稜線がくっきり見え、下界の雪景色も最高に美しかったわ。14時過ぎてからちょっと降り出すまではゴーグル要らずでしたもの。2月とは思えない。ゲレンデ云々よりも、天気こそがいちばん大事ですね。コントロールのしようがないけど。てことでガーラを一通り滑ったあとは、石打丸山に連絡して一滑り。石打も何度も入ってるゲレンデだから、こちらもガツガツ滑りはせず。ガーラにはないロングランを滑り降りて気分爽快、足はパンパンという感じ。途中の山小屋が「ビールと手作りのお店」という全然並列じゃないウリを打ち出していておもしろかったのと、ベランダ席があってそこからの眺め&生ビール(500円て価格良心的!)が最高でしたわ。返す返すも天気、大事だぜ。外に30分いてもさほど寒くなかったからね。

ガーラには愛の鐘、石打には友情の鐘があり、最後の連絡ゲレンデ湯沢高原には天空の鐘(これだけ異色…)があるというので、ここまできたら制覇してやろうと最後、湯沢高原まで行ってやれモードになったけど時間切れで断念。まあそれも特に悔いが残らないのが37歳のメンタルですね。最後は下山コースを気持ち良く滑ってフィニッシュ。すごい楽しかったぜー!

ちなみに、チケットは2週間前くらいに予約したのだけど、行きの指定は始発か遅い時間しか取れず、帰りは14時以降の指定はすべて満席というありさまでした。帰りは始発だし自由席でいっかとして、どうなることかと思ったけどスムーズに乗れました。17時少し前に改札へ向かうと、17:04発の電車に乗る人は改札を通れて、17:23に乗る人は指定を持っている人でも整列させられて、15分前くらいに改札を通ってよくなるシステム。けっこう人が並んでて、この順番で座れるのかな?と思って駅員さんに聞いたら大丈夫だと思いますよとのことで、実際4人で自由席ボックス確保できました。よかったよかった。後から思うに、17:04に乗るふりして、ホームにいたら確実に最前列だったな。マナー違反だろうけど。

一個だけ、ガーラ施設内はなにもかも料金設定高いねー。レンタル1日5200円、ロッカー1000円(出し入れ自由だけど)、生ビールは680円もしましたよ(ランチとあわせて2000円弱かかった)。便利には金がかかるんだなー。

今年、もう一回くらい行きたいなー。でも横浜マラソン後になっちゃうかな。春スキーも気持ちいいかな。答えは雪に聞けばいっか。
[PR]

by april_hoop | 2015-02-09 00:00 | 体育 | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 08日
april_cools13-14@ホワイトワールド尾瀬岩鞍
c0160283_1859721.gif近年ラン熱の高まりと反比例して下がっていたゲレンデ熱。年末にフィンランドで滑ったとはいえ、去年滑ってないので2年ぶりって感じ。でもソチで燃えたし、やっぱり行きたい!ってことで@ホワイトワールド尾瀬岩鞍。ここにくるの2003年以来。前日に即席ワックスしたら、古いせいかやたらシンナーくさくて中毒になるかと思った。
群馬でスキーなら、四季の森ホワイトワールド尾瀬岩鞍|トップページ

車で4時半に拾ってもらって、今回は首都高→東北道→北関東道→高崎から関越という経路。北関東道が完成した今はそんなアクセスがあるのね。これによって関越序盤の渋滞を回避しようという狙い通り、するっと到着。JHもこのルート広めたいようでSAでも案内見かけましたわ。高崎〜川口間で、距離にして10km、ETC価格も150円(だったかん)しか変わらないみたいなので、出発地にもよるけどこれはかなり有効だね(帰りもそっち経由にしたけど、珍しく関越がほとんど渋滞していなかった)。

さて、現地は雪がちらつくお天気で、気温マイナス5~6℃と寒め。今回、おニューのパンツを投入しました。幕張アウトレットで買った、モンベルのオーバーオールっぽいゴアテックスのやつ(ゴアで2万て安くない?)。おっさんぽいかなーと思ったけど、いつかまたオーロラ観に行くことも考えて防寒力高い機能重視で。狙い通り、下にアンダーアーマーのタイツ履いただけで十分な威力。てかスノーウェアって、だいたいがビビッド&大柄グラフィックで、ゲレンデ出ちゃうとどれも似た印象で、特にどれがオシャレとかあんまないつーか、どうでもいいと思ったわ。安くて機能が高ければヨシ(おっさんの発想かな)。なおトップスは、同じくアンダーアーマーのインナーに、半袖Tシャツ、フリース、ウェア。ちょっと寒かったからTシャツじゃなくてヒートテック系にしとけばよかった。そしてマラソンからの流れでパンダ帽子を装着。なんとリフト乗り場でスタッフの方に話しかけられること数回。「パンダもボードやるんだねー」とか「パンダちゃん、今日は楽しかった?」とか。いとすばらしきコミュニケーションツール。癖になるぜ。

てか、ゲレンデコンディションめちゃめちゃよかったー! ベースエリア歩いただけでわかる雪質のよさ。キュッキュッキュっていうあの感じに高まる期待。いざ滑り始めて大興奮! ここまで良い雪で滑ったのっていつ以来だろう?っていうレベル。このゲレンデ、非圧雪コースが多いの特徴だと思うけど、そのよさをいかんなく実感。膝どころか腰の高さ近くまで場所によってはいっちゃいそうなくらいのパウダーさらさら〜! 国体男子コース、エキスパートコース、チャンピオンコースあたり、本当に最高。いやー楽しかったな〜。コースの距離やバリエーションも僕には十分なボリュームで、ひととおり全部滑ったら1日終わるくらいの感じでしたよ。大、満、喫! そういえばこのゲレンデ、10年前と変わらずスキーヤー多かったな(前回はボーダー全面解禁直後だった。隔世の感あり)。コブのバーンも多いし、ポールバーンもあるし、スキーヤーのツボをおさえてるんでしょう。合宿してるスキーチームとかもいたし。

しかし、非圧雪コースでの脚の踏ん張り、粘りが早々にきかなくなって、最後の方はいっぱいいっぱい。いよいよ顕著に衰えてきたのかと愕然としたわー。最後、みんなより早く上がっちゃうなんて今迄じゃ考えられなかったのですが。と思ったけど、もしかしたらまだフルマラソン連発のダメージが残ってるのかも。2週間じゃ取れないもの。ってことにしておきたい。まあとにかく、ものすごく楽しかったです。ボード。来シーズンはもうちょっとがんばりたいな〜。今回行けなかった福島に行きたい。1泊して、猪苗代&アルツはしごとか。

帰り、老神温泉の湯元華亭さんでひとっ風呂いただいてキレイサッパリ。支配人?が円楽師匠(旧楽太郎)そっくりでツーショット写真とかあったからご親戚かと思います(検索したら、実の弟さんとのこと!)。
[PR]

by april_hoop | 2014-03-08 00:00 | 体育 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 30日
Kiitos New Year 04
c0160283_212487.gifc0160283_213057.gif<3日目>
ホテルについて少々。普通のツインはベッドは小さいけど部屋の広さは十分あり、布団は軽量ながら超あったかで快適。アメニティはシャンプー&ボディソープ一体型のやつしかなく、バスタブなし。ティッシュなし。アイロン最初なかったけど言ったら翌日はのハウスキーピング後に登場。隣の部屋の音とかは別に聞こえないし、特に不具合もなかったし、可も不可もないって感じだろうけど、全然OKです。朝ビュッフェは、ワッフルメーカーがあったのがヒットでおいしくいただけました。しかしスクランブルエッグがいまいち。フィンランドは卵センスないのか?

さて、時刻は10時すぎもまだ薄暗い中出発。向かったのは徒歩15分と表記されていたスキー場。実際には20分くらいかかったけど、途中にそり遊びスポットがあって、転がってるそりを手に斜面をのぼって滑り降りてみたらなにこれすごい楽しいじゃん。もう少しやりたかったけど、まずはボードを優先。板とブーツを32€でレンタルし、リフト1日券は37€。ロッカーは1日使い放題で2€でした。いやー、まさか2年ぶりの雪山が海外とは! あんま想定してなかったけどボードパンツ持って来てよかった。上は普通にダウンで十分でしたわ。

標高は、最高で470mくらいで、初中級中心のコースレイアウト。最長で1000mくらいの距離。久しぶりでブランクあるかなーと思ったけど、そんなに心配なくシーズン初滑り〜! うわー気持ちいいー! けど、あれ、なんかあんまり走らないなー。雪質がもうひとつなのか、レンタルのボードが悪いのか。気温が高いのが影響しているのかもしれないなー。なので、超最高!ってとこまではアガんなかったけど、それでも十分に気持ちよかったよ。飛行機で東野圭吾の「疾風ロンド」読んでゲレンデ熱高まってたしね。

ところで、リフトでTバータイプってのに初めてぶちあたりましたが、大苦戦! そもそもスキーヤー用に作られたものだと思うんだけど初めてで乗り方わからないまま行ったら超タイヘンなことに! 係の人が手伝ってくれたものの、正しい乗り方がわからず座り込もうとしたら「座るなー」と後ろから声が。あわてて立ち上がるけど、え、ちょ、なにこれ、どうすればいいの!?としがみつくのに必死。めちゃくちゃ腕力使って足も踏ん張って、絶対この乗り方違う…。早く終われ、早く終われと思いながら頂上が見えたところでバランス崩して離脱〜。悔しい。。ので、次にボーダー来るの待って、ようやく乗り方を理解。ああやってつかまればいいのか。しかし、その隣にまた乗り方不明のリフトが。こっちは係の人いなくて一度トライするもやっぱり掴めず諦めて離脱。屈辱だぜ。。

ランチは頂上のレストハウスで。サーモンスープとサーモングリルどっちも美味しかったー。ビールももちろんごくごく。みやげもの屋は微妙。外を見ると14時にしてナイターが始まってるじゃん! これもまた楽しいね〜と数本滑り、さっき断念したリフトも観察の結果なんとか乗れたし、大満足の初滑りでした。いやー心地いい疲れだ。

帰りは周辺を巡回しているスキーバス(1日何回乗っても5€)でホテルへ帰還。さーて、今夜のオーロラチャンス待機だぜ!
[PR]

by april_hoop | 2013-12-30 00:00 | 旅情 | Trackback | Comments(0)
2012年 02月 25日
april_cools11-12@かぐらスキー場
c0160283_1921014.gifなななんとなんと、初滑りが2月の終わりになってしまうなんて、どうしたんだエイプリル!? 徐々に雪山熱が冷めていってるのは自覚してたけどこりゃ酷過ぎるな。板のチューニングもしていないし(前日に即席ワックスのみ)、ウェアもギアもついに10年戦士になってしまったし(買い替えたい気持ちはあるけど別にまだ使えるしな)。という気持ちを抱えながらの日帰りボードは、かぐらスキー場!
かぐらスキー場|Prince Snow Resort
去年も1回しか行ってないわけだけど、それがかぐらだった…。

6:30集合、7:00の新幹線自由席に乗ろうとしたらひとり遅刻で7:08のやつにスイッチ。列の先頭で難なく席を確保できたわ。が、出発は8分しか変わらないけど途中停車駅がずいぶん違うようで到着時間には30分程度の差が出るらしい。日帰りにこれはロス大きいからよく覚えておこう。いざ到着するとレンタルがやけに混んでいて、それを待っていたらもう11時近いぞ。。5時に起きたはずなんだけどな…。まあいい。

小耳には挟んでたけど今年の積雪量はかなりすごいようで。かぐらも例外ではなく今日の時点で380cm。こりゃすごいなー! 期待は俄然高まる。今のところ雪がはらはらと舞う程度。しかし経験上、かぐらは上がガスりやすい。特に午後。なので一気に山頂を目指す。すると、あれ、今日からオープンするコースがあるではないかね。その名も林間エキスパートコース。HPでは3月中旬にオープン予定とあるが、早まったんだね。積雪量が多いからなのでしょうか? なんにしてもかぐらは何度も来ているけど、ここに来れたのは初めて。いやー爽快! コース外になるようだけどツリーランが楽しめる非圧雪。思ったほどパウダーってなかったけど、でも何度滑っても同じコースにならない感じが最高に楽しいぜ〜。リフトの終了時間がけっこう早いっぽいので、ここは早い時間に滑るのが吉だわね。

ところで、一部コース外滑走となってしまったのですけど、「ここから先は自己責任だかんね」という案内がありました。周りもみんな飛び出して行ってたわけですが、このあたりのリスクってどんなもんなんだろう。雪崩の危険性がある、とも書いてあるけど、本当に雪崩が起きたりしたらゲレンデにとっても大ダメージなはずで、だとしたらゆっても雪崩が起きることはないってことは事前にスタッフが滑って確認してたりするんだろうか。単に、初級者が迷い込んでにっちもさっちもいかなくなることを恐れているのでしょうか。

さてさてたっぷり上を楽しんだので和田小屋でランチしてから、たしろ方面へ行くと見せかけているうちに、たしろ→かぐら連絡の門限15:30が来てしまったのですぐ引き返し。すぐ引き返したけど、結局そのまま下山するしかない時間だったわ。ここのゴンドラ乗り場までへのコースって、平坦で初級者はすぐに止まっちゃうボーダー泣かせの代物だと思って注意してたんだけど、なんか改善されてる気がした。横には何連かのウェーブまでできてたし、斜度がつくよう工事したんだろうな。あと、コース脇に数字の看板が出てて、それがこのコースの終わりまでのカウントダウンだったよ。これも小さいことだけど便利〜。

ここ最近のスノボ熱低下に歯止めをかけるにちょうどいいグッドコンディションの楽しい1日だったわー。願わくば今シーズンもいちど行きたい! 4月とかの春スキーでもいいのかも!
[PR]

by april_hoop | 2012-02-25 00:00 | 体育 | Trackback | Comments(0)
2010年 12月 29日
april_cools10-11@かぐらスキー場
c0160283_22312117.jpgいよいよスノーシーズン到来! 全国の積雪がどうだったかチェックしてなかったけど、2週間前はオープンしてないところも多かったようで。でもなんだかんだ年の暮れには降るってことなんですかね。とかなんとか、初滑りはかぐらスキー場へ。紐解いてみると4年ぶりか。
かぐらスキー場|Prince Snow Resort

集合6:30で7:00東京発の新幹線自由席に並んだら、超ギリギリ。帰省ラッシュをなめてました。山手線の東京方面からしてすごい混雑で驚いたわ。でもま、無事にメンバー5人全員座れて一路越後湯沢へ。そして路線バスでみつまたゲレンデへ。リフト券と最初のロープウェイの行列にも驚いたけど、無事にゲレンデへ。ご覧の青空〜。

は最初だけ。そして下界だけ。基本は雪降り続けてました。視界はやや曇ってたけど、ガスることはなく、滑りにはほぼ支障なし。昨日120cmだった積雪が150cmまできてたわ。おかげで雪質は良好。ところどころアイスバーンが下に隠れてもいたけど、非圧雪のジャイアントコースなんかはかなり楽しめたなー。

コースは空いてたけど、やっぱりこのゲレンデは移動に時間がかかるね。まあわかってたことだけど、田代まで行くのは時間のロスだろうちう判断で、かぐらゲレンデをメインに滑る。ランチはゴンドラ降り場のレストラン。12:00前はピークで大混雑。カレーの大盛りがかなりの大盛りでびっくり。

さてさて滑りの方はあいかわらずだったものの、筋持久力低下が著しくて大ショック! なによこのスタミナのなさは!? 今まで感じたことのない疲れやすさ。これが33歳のボディなのか…! ちょっと滑るとすぐへばるという繰り返しで、コース途中ですぐ休憩しちゃったり。ぜえ、ぜえ。こいつは筋トレしないとなー。続かないんだよなー。億劫なんだよなー。でもマラソン的にも有効なはずなのでがんばるか。

と、時間的にはコンパクトだったけど、十分楽しんで滑れました。技術の向上とか全然なくなっちゃったけど、銀世界を風感じて滑るのは気持ちいいですな。今シーズンもよろしくお願いします。ちなみに帰りのシャトルバスもすし詰めで、本当にギリギリ乗車できたわ。よく考えると、田代ゲレンデを拠点にしたほうがなにかと都合がいいような気もするぞ。次回はよく検討してみよう。
[PR]

by april_hoop | 2010-12-29 00:00 | 体育 | Trackback | Comments(0)
2010年 02月 12日
april_cools09-10@斑尾高原スキー場
c0160283_1022162.jpgみゆき野参加ついでに滑ってきましたよん。初めての斑尾高原スキー場。
スキー場をファミリーで楽しむ 長野県 斑尾高原スキー場|子供リフト券無料!

あんまり時間なかったから全体は見れなかったけど、まあまあ大きいゲレンデなのかな。麓付近は初心者がかなり多くて意外な印象。学生やレンタルユーザーらしき人も相当数見かけたなー。関西人が多いのは長野のゲレンデの特徴だよね。そして板つけたままのるエスカレータがちらりほらり。あれ、けっこうじれるし、傾斜を立ったままって疲れるよね。でもリフトよりローコストで動かせるんでしょうか。確かに初心者でもそうそう転びはしないだろうけど。

積雪量は例年通りらしいけれど、今年は突然ドカ雪みたいなのが多いそう。気温が低いだけあって雪のコンディションはよいほうだったと思います。隣のタングラムスキー場とも連絡しているし、もう少し1日かけて滑りたかったなー。今回は初心者連れだったので教えることに重点置いてたら全体把握できず。しかしやっぱりボードを教えるのって難しい。バランスとか感覚の世界だからね。インストラクターの人ってそう思うとすごいな。

天気は1日雪。けっこう寒かったぜ。
[PR]

by april_hoop | 2010-02-12 00:00 | 体育 | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 11日
april_cools09-10@石打丸山スキー場
c0160283_0284678.jpgc0160283_0285589.jpg今シーズン初滑りは一泊二日で石打丸山スキー場へ。日本各地で大雪が伝えられてる通り、雪量豊富で質もばっちり! いい滑り出しでした。往復は新幹線で楽チン系。ここにきたのは4年ぶり2度目でした。
石打丸山

10日は1日中雪が降り続いて気温も低め。けっこう寒かったけれど、雪がよかったなー。石打はやっぱりコースが豊富で、上から下まで行くとかなりのボリューム。確かリフトの運営が複数社にわかれているせいで、乗り継ぎ自体はあまりよくない+ゴンドラがないのが最大の欠点ではあるけれど、それをのぞけばなかなかのビッグゲレンデ。パークやパイプもしっかりしているしね。

しかしこの日は大混雑! スキー場がこんなに混んでるのは久しぶりに見たな〜。混雑するリフトは10分以上待ちもあったし、コース上もけっこうな人だかり。午後になっても状況はあまり変わらず。でもナイターになるとさすがに人が減り、照明は美しく、バーンも凍ることなくすげー気持ちよくすべれましたよ。なんだかんだで18時フィニッシュ。ちなみにスタッフの対応もわりに丁寧だったように感じました。

2日目はうってかわって見事な晴天! 山頂からはかなり遠くまでくっきりと見渡せてめちゃくちゃ気持ちよかった〜。キッカーをひやかしつつ、気持ちよく滑ることに重点を置いて、無理することなく初滑りは終了。やっぱ晴れた日のゲレンデは爆発的に爽快だなー。今回のお宿は勝田屋さんのお世話に。ゲレンデから近いし、お部屋は小さかったけれど必要十分か。食事はちゃんとしていたし悪くない宿だったと思います。

宴会もスーパー楽しかったし、よい滑り始めでした。ちなみに越後湯沢駅のぽんしゅ館で、スパークリング大吟醸のゆきくらをおみやげに。日本酒の香りと飲み口にシャンパンのような軽さが加わって美味しかったです。
[PR]

by april_hoop | 2010-01-11 00:00 | 体育 | Trackback | Comments(0)
2009年 11月 19日
冬支度その1
c0160283_11321198.jpg朝晩の自転車には手袋必須になってきた今日この頃。ということは、スノーシーズンも近いってこと。おう、まだスノーボードのチューニングに出してなかったぜ!と思ったところにこんな情報が舞い込んできました。自宅にいながらの宅配チューンアップ。
eSPORTS(本店) スキー・スノーボードチューンアップ

今までは秀山荘に持ち込んでたけど、11月末までキャンペーン価格という文字を見て、じゃーこっちで試してみることに。ウェブ上で申し込みをして10分後くらいに返信がきて注文確定。中3日くらいして、佐川急便で梱包セットが送られてきた。中身はプチプチの緩衝剤と段ボールと説明書と送り状。こいつにマルっと突っ込んで返送するってわけ。集荷は佐川さんに自宅まで来てもらうので、一応居ながらにしてすべてこなせますね。

ベーシックなもので通常5990円が3990円になるなど、どれも2000円以上オフ。これはお得でしょ。どのコースにするか迷って、いちばんいいやつキャンペーン価格5680円にしてみた。2000円ケチって滑りがしょぼくなるの嫌だしね。ちなみに送料は一律525円乗っかってきます。まだ返送したばっかなので、どのくらいの工期、品質で戻ってくるかはわからないけれど、品質に関しては自分じゃ把握できないからまあ信頼するしかないか。

c0160283_11431162.jpg本当は仕上がってからレビューすべきところですが、キャンペーン期間が今月いっぱいなので告知してみました。雪山大好きさん、ご興味あれば是非お試しを。余談だけど、先日「イエティ」に行ったよ。11/1から人工雪で短い1コースだけオープン。多分まだ日本じゃここしか開いてないせいか、コースのレベルに見合わない雪に飢えた猛者だらけ。平日なのにけっこう人いたな〜。ボクは滑ってませんが、雪山熱がもわっとしたことは確か。写真はゲレ食の人気賞品「フジヤマホワイトカレー」。このビジュアルだけど、ちゃんとカレー味なことにびっくり。マイルドで美味しいです。

<09/12/23追記>
ボードですが、あっという間にチューニングが終わって返ってきたよ。約1週間くらいか? 思ってた以上にスピーディ。滑りに行ってないので仕上がりについてはなんともいえないけれど、まあ悪くないのではないかと。初滑りに期待!
[PR]

by april_hoop | 2009-11-19 00:00 | 閑話 | Trackback | Comments(0)
2009年 03月 07日
april_cools08-09@パインリッジリゾート神立
c0160283_23425236.jpgこれで滑り納めかなー。神立行って参りました!
パインリッジリゾート神立

なんでかしんないけど今回はバスツアー。破格の安さで6000円ちょっとは嬉しいけど、移動がしんどいだろーな〜とややダウナー気味で出発しましたが、意外に気にならず、8時前に池袋発で11時には着いてたかな? 懸念してた渋滞も特になくて安心安心。さてさて、神立は相変わらず若者アピールをし続けていて、ますますレストランエリアが充実。けっこうなホスピタリティというか営業努力を感じますわ。まあ、リフト係員とかは微妙にケアが足りないシーンも見られたけど、もはやオレにはその辺はあんま関係なし。

今回は、初心者にボードを仕込むという重大任務が。自分もほぼ我流だけに、いまいちどう教えるのがいいのかわかんないんだよねー。とりあえず、自分が初めてのときにやらされたことを教え、ボードというのがどういう力学で動いているものなのかをかいつまんで話し、あとは習うより慣れろでがんばってもらう。といっても、どんな人でも最初は一生分転ぶもの。そこでいかに心が折れないようにするかが勝負の分かれ目。しかし今日の生徒は女性、しかも先輩2人! 大丈夫だろうか…。

てのは意外に杞憂。2人ともしっかり転びまくって汗だくになりつつも、楽しみを覚えたようで、転んでは起き転んでは起きしてなかなかのがんばり。しかもそこそこ運動神経がよいようで、終盤には木の葉はスムーズに、そしてターン1回をなんとかこなせるくらいに! おお、女性でこれはなかなか立派ですね。自分の滑りを後回しにして教えたかいがありました。はいそうです、ボク、人にものを教えること自体は好きなんです。上手に教えられてるかどうかはおいといてね。

最後になりましたが、ゲレンデコンディションは、まあそこそこって感じ。さほど良くはなかったけど合格点だったと思います。狭いけど工夫のあるコースレイアウトがお好みの神立。2年に1回は来てるなー。
[PR]

by april_hoop | 2009-03-07 00:00 | 体育 | Trackback | Comments(0)
2009年 02月 21日
april_cools08-09@丸沼高原
c0160283_23551567.jpg久しぶりにやってきましたは丸沼高原スキー場! 調べてみると前回行ったのは2003年でった。いや〜6年ぶりか。月日のたつのは早くて困るぜ。
丸沼高原スキー場

今回はクルマ。6時前には関越に乗ったのに、チョロチョロと渋滞。えー嘘ーなんでー!? 原因ははっきりしないけれど、群馬以北のけっこうな雪のせいと思われる。チェーン規制かかっていたし。沼田おりてからの一般道も、かなりの降雪のせいで全般にょろにょろ運転。まあこればっかりは仕方ありませんなー。

でもそのおかげでgoooodコンディション! いい雪だったなー。丸沼のゲレンデの印象は、まあそこそこって感じだったけれど、このくらい雪がいいと嬉しいです。ここんちは、たてに長くてロングな滑走ができるんだけど、山頂にいく方法がゴンドラに乗るしか選択肢がないのがスゲーもったいない。レだからキャパシティのわりには滑れるコースが少ないのよ。

ただ、その分を取り返してるのかどうかはわからないけど、パークはそこそこ充実。キッカーは大小けっこうな数があって、我らポコジャン部隊にはもってこいの感じ。あまり時間なかったけど、もっともっと飛びたかったぜ。ビビってたけど。あ、そういえば一人キッカーで転倒して負傷した人が。うちらしか周りにいなかったので、ヘルプに向かいつつオレがレスキュー召還の任を負ってセンターに向かうも、本人は立ち上がりレスキューを断って去って行ったそうな。大丈夫だったのか?

帰りは渋滞を回避するために最後まで滑り、ゆーっくり着替え、ゲレンデほど近いところで晩ご飯。20時近くなってから高速乗ったらだいぶ快適でした。ドライバーの赤マンさん、そしてお仲間たち、おつかれさんでした〜。
[PR]

by april_hoop | 2009-02-21 00:00 | 体育 | Trackback | Comments(0)