人気ブログランキング |
<   2019年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2019年 07月 22日
感想_秒速5センチメートル
あまりにもポエミーだが。『秒速5センチメートル』Amazonプライム・ビデオで鑑賞。本が好きな転校生同士、惹かれあっていた貴樹と明里だったが、小学校卒業時に明里が栃木へと引越し離れ離れに。手紙のやり取りだけが続いていたが、貴樹も種子島への引越しが決まった中1の3月、2人は再会を約束する。しかし、貴樹を乗せた電車は大雪のために大幅に遅れてしまった。

『天気の子』も公開ということで、評価も高かった同じく新海誠監督のこちらを鑑賞。短編3本の連作で、トータルで1時間ちょっとの尺でした。観終わってまず思ったのは、なるほど『君の名は』に通じる世界観だなーと。ここでは時空は超えてないけど、物理的に離れた2人の想いがどこへ向かうのかという。

が、ちと貴樹がポエミーすぎるというのはまず思ったこと。中1にして、あのモノローグはありえなくないか?と思うし、雪での電車の遅れ方とか、リアルと言えるのかどうなのか。高校生になってからのこじらせ方もえらいこっちゃで、最後はマジでヤバイ人になってました。

結局のところなぜ文通は途絶え、メールは出せなくなったのか、なわけですが、2人の間にはなにか起きてると考えるのが自然でしょうか。第2部を観てる途中で思ったのは、明里、死んだ?ってこと。

あれだけ思いを通わせた2人ならば、少なくとも高校生くらいには会おうという話になりそうなのに、それは難しかったとしても、手紙も途絶え、メールさえ出せなくなる(ここが死亡フラグかと)というのは、時間と距離だけの問題ではなく、決定的な何かが起きてるということだと思う。それは描かれてないから想像するしかないのだけど。

最後の明里は、貴樹の幻想でしかなく、むしろ、生きて誰か他の人と幸せになってくれていたらよっぽどいいのに、ということなのではないかと。岩舟と新宿の風景にしか明里が出ないのは、貴樹の知る明里はそこにしかいないからで、小6の第1話でさえ、これは現在の大人になった貴樹の回想なのではないかと思いました。それならばやけにポエミーなのも理解できる。最後の細かい回想カットの連打もそんな感じ。

もしかしたら明里はみずから命を絶ったのかもしれないし、それに対する責任を貴樹は感じていたのかもしれない。あの手紙を渡さしていれば。あの時唇を重ねなければ。あのあとなぜ会いに行けなかったのか。サッカー部から弓道部への変化も、心の痛みを振り払おうとしているようにも思えてくるな。だとすると、それが起きたのは中学3年間のどこかかな。

つまるところ、貴樹の心はどこかの時点から秒速5センチメートルほども進まなくなってしまったのではないかと。だからその目は澄田を映すこともなく、3年付き合った彼女の心も1センチしか寄せ付けず、ただただ終わりのない漆黒の宇宙空間を彷徨うしかなかったのだろう。

とか。全然見当違いかもしれませんが、そういうあれこれを見終わった後に思わせるのが、新海節だなーと思いました。『天気の子』観られたらその辺りも含めて楽しみたいと思います。

でも、主題歌を過剰に絡ませるのは、『君の名は』も含めたちと胸焼けしましたぜ。





by april_hoop | 2019-07-22 00:00 | 映像
2019年 07月 21日
ジュリアン・オピーに首ったけ。
c0160283_16181845.jpg

c0160283_16181961.jpg

c0160283_16182098.jpg
現在、東京オペラシティアートギャラリーで開催中の、ジュリアン・オピーの個展が最高でした! 生まれて初めてアート作品を欲しいと思ったほどに。

今回の展示までその名前を知りませんでしたが、イギリス出身、80年代に頭角を現して以降、世界中で高く評価されるアーティストだそう。最初に展覧会のサイトで見た作品画像で、これは超好みと思い、いざ足を運んだら圧倒されました!

まず、最初の展示室には彼の代表的な、超シンプルにデフォルメされた人物画がずらり。しかも、うち2作品は、館内の天井にも届こうかという巨大作品!! 予想してなかったスケールに感激しました。

特徴的な太い輪郭線と、削ぎ落とされた要素は、キャッチーでカジュアルでありながら、でもその人の個性を失わないのが実に面白い。体型、衣装、小物、肌の色。ミニマルなのにそれ故に豊かな多様性を示しているのが本当に面白い。

都市的であり、ある種没個性にも見えるところに、何となく自分を重ねてしまう気持ちにもなる。ポートレートをジュリアンオピー風に加工するアプリあったら面白いのに。とか思ってしまう。

ふたつ目の展示室にはスカルプチャーや、ランドスケープ作品、LEDを使った映像作品も。点数は少ないけどこれまたキャッチー。ラストの魚のロングな映像は、ちょっとチームラボを思わせつつ。

あまりにも興奮して、グッズを爆買い。図録、SOPH.とコラボしたTシャツ、カットポスターとマグネットを購入。そして本物の作品はいくらで買えるのかしら?と検索すると、30cm四方くらいので30万円代だった。買える…!!

興奮冷めやらず一週間後に再訪したらグッズはほぼ完売してましたわ。パーカーも買えば良かったー!

後から知りましたが、瀬戸内国際芸術祭の高松港の側にも彼の恒久作品ありました。言われてみれば確かに。

最小限の要素で、個人という社会の最小単位を切り取りながら、その普遍性を感じさせる技に感動。しかも、オシャレ。今後も動向を追いかけたいと思います。



by april_hoop | 2019-07-21 00:00 | 文化
2019年 07月 20日
初めてのラグビー観戦
c0160283_16164997.jpg

生まれて初めてのラグビー観戦に行ってきました。ラグビーにはこれまで縁もなく興味もさほどなかったのですが、W杯が、近づいてきてなんとなく気になってきたところ、知人にお誘いいただいたので。見てきたのは日本のトップリーグのリコーvsマツダ@秩父宮ラグビー場。

バックスタンドの自由席に座ったら、フィールド近っ! この迫力は楽しい。すぐそこでラインアウトになると高さがよくわかる。テレビで見ると、スクラムもモールもごちゃごちゃしてよくわからないけど、生だと相変わらずごちゃごちゃしてよくわからないけど、臨場感あるから許せる。

目を引いたのはリコーの15番、ロビー・ロビンソン。突破が鋭くてパスの緩急がいい感じなのと、オンボールでも、オフボールでも気の利いた動きしてる気が。最後、オブストラクション疑惑のあったバスケでいうスクリーンぽい味方のスペース作る動き最高だったんですけど!

細かいルール理解してませんが、フィールドの人数が多い中でいかにアウトナンバー作るか、戦術的面白さがかなりおりそう。リコーはそのあたり、個人の能力もさることながらチームとしての約束事がある程度しっかりしてるように見えました。でもリコーもリーグ下位で、マツダはさらにその下のようですが。

てことでリコーが82-0という圧勝のため、勝敗的な面白さは皆無だったのですが、ゲームとしてのラグビーはとても楽しめました。強いて言えばプレーがかなり止まるところはちょっと気になるけどまあそういう競技ってことですね。

W杯はあれだな、どっちのチーム応援するか決めて臨まないとな。ワールドクラスのプレーはどんな感じか超楽しみ。と、チケットサイト見てみたら、すごい空きがあるじゃないか、なんだこれ?





by april_hoop | 2019-07-20 00:00 | 体育