<   2017年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2017年 02月 26日
東京マラソン2017ボランティア
c0160283_21034564.jpg東京マラソンです。今年は2年ぶりにボランティア参戦してきました。森下駅近く、22km地点の給水です。前回は38km豊洲の給食だったので、さてさてどうなることでしょうか。集合はAM8:00。リーダーの指示を受け、8:30頃にトラックから荷物が届き準備開始。9:00から道路規制開始。テーブルを並べ、ゴミ箱を設置し、段ボールからクリスタルガイザーのペットボトルを出し、並べた紙コップに注ぎ、テーブルの上に3段重ねで設置。テーブルが2個足りない(トラックが積み忘れたとか。そんなことあるんかい。あるよねそんなことも)なんてこともあったけど(遅れて到着しました)、至ってスムーズに準備が整いました。さすが日本人、統率取れてます。真面目です。

程なく車椅子ランナーがやってきた! 先頭集団がすごい密着具合で、あのスピードで接触したら転倒もありえそうだけど大丈夫なんかいなーなんて思いつつ。上半身だけで走る過酷さを想像するだけで震えるぜ。さらに少し時間が経って、ついに先頭集団登場! キプサングを筆頭に黒人だらけ。しかしそこからそんなに遅れずに、設楽悠太が来たー! かなり攻めてるね。結果がどうであれ(最終、日本人3位だったそうで)その姿勢あっぱれ!

そうこうしているうちに、一般ランナーの速い人が来始め、徐々に給水する人も増え始める。僕は僕で例のごとく、給水もそこそこに応援に夢中になってしまう。とにかくウェアから読み取れる情報で声をかけまくる。チーム名、個人名、国名、仮装、その他特徴などなどと、頑張れだのファイトだのと組み合わせながら力の限り。なんかやっぱ興奮しちゃうんだよなー! 目に付いたのは毎年だけど広島のユニフォームが多かったのと、マリオも安定の人数。「任天堂の許可取ったかー」って言ったら苦笑いしてました。マリオはマリオでも、阿部さんマリオの人も。あと小池百合子さんも。あと目だったのはリオのカーニバル風の男性ですかね。全体的に仮装は激減したと感じました。一つの時代の終わりだなー。もう僕も次出ることがあってもノーマルでいっか…。

3時間のペースメーカー、3時間半、4時間、4時間半と見送り、5時間ペースになると歩き始める人も増えてくる。「がんばれ〜」「マイペースで」「ゆっくりゆっくり」「たぶんなんとかなる!」「時々走れば大丈夫」とか思いつく限り声を出し、ハイタッチをして、鼓舞する。6時間以降になってくるとさすがにみんなきつそうで、頑張れというのも酷な気がして声を出しにくくなるけれども、まあそれでもやっぱり頑張れと言ってしまうものなのですよね。

嬉しかったのは、本気のピカチュウかぶりもの集団(ゼニガメ、ヒトカゲ、ケンジ)が来た時に、「モンスターボールがない〜」って言ったら、モンスターボールを持ってらして、僕にくれたことね。次にポケモン仮装来た時に使えました。それから背後の沿道の人に、「応援のお兄さん!」と話しかけられ、「ずっと声出して頑張ってるから」とホットレモーネドの差し入れいただいたことですかね。全力出してると伝わるもんですね。まさか自分が応援されるとは。一応言っておくと、僕は応援の人ではなく給水ボランティアですがね。まあ、紙コップのゴミ拾い担当でしたが。

今年はランニング自体思うようにできず、レース出場もゼロという、マラソン始めていこう最も走らなかったシーズン。来年は華麗に復活したいわ〜。ランナーの皆さん、関係者の皆さん、暑かったけどお疲れ様でした! 今年も楽しかったです。



[PR]

by april_hoop | 2017-02-26 00:00 | 体育 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 24日
オールスターとツインタワーと
c0160283_11102525.jpgあっという間にオールスターも終わりました。金曜日、1〜2年目対決はさらっと流し、土曜日、スキルズチャレンジはポルジンギスが勝利。最近のAD、KAT、カズンズ、エンビードあたりの、外もあるビッグマンたちなんなんですかね。明らかにノヴィツキーやガソル兄弟らヨーロッパ産ビッグマンの登場が、この世代を産んだんだろうなー。もうこのスキルがスタンダードになるんでしょうね。そして3Pコンテストはまさかのゴードン優勝。すっかりシューターにモデルチェンジして。でも全然楽しくなさそうだったのが印象的。さてはキャラも暗いのか? ダンクコンテストは、ビッグドッグJr.の優勝というフレッシュな感じ。ゲームでも活躍できるといいですね。

そして日曜日の本戦。だいぶメンツも入れ替わりつつあり、なんとなく地味だったけれど、KDからウェストブルックのアリウープは楽しかったし、ヤニスのステフの上からリバウンドダンクは興奮したよね。そして、アイザイア・トーマスの一人アリウープ失敗も笑ったぜ(決めて欲しかった!)。さっきの話と繋がるけど、選手がみんなオールラウンダーになったから、オールスターならではのプレーがあんまり見れなくなったよね。シャックがPGやって3P打ってとか、昔は楽しかったけど、今それみんな普通にできちゃうものだから。合わせて、怪我リスクをなくすためか、ディフェンス全くしなくなったので、練習以下の惰性の打ち合いになってしまった結果、190点越えというとんでもないことになり、ADは52点取ってMVPという。まあこれはご当地開催のご祝儀でしょうけれども。

さて、そんな余韻も冷めやらないうちに、まさかのカズンズがNOP入りという衝撃のニュース! このツインタワーはかなり楽しみ。二人とも器用なので共存できる気がするなー。カズンズはインサイドで。ADはより自由にペリメーターを使って。エバンス放出できて、フレイジャーのプレイタイムも復活するでしょう。ホリデーよりも、フレイジャーの方が周りを生かすのは上手いのでカズンズにとってもやりやすいはず。しかし帳尻合わせでテレンス・ジョーンズの解雇は寂しい。だったらアシック解雇でいいのに(できないんだろうけど)。そしてしれっとジャレット・ジャックと10日間契約。大怪我して休んでたんだね。でも運動能力に頼るタイプじゃないし、戦力になってくれるのでは。

と、楽しみに見た後半戦初戦のvs HOUは大惨敗。シーズン初めに戻ったかのようにバラバラ、バタバタな上、ホリデーが絶不調。ADとカズンズもポジショニングでかぶって全く機能してませんでした!笑 プレーオフに滑り込めるかどうかは、かなり怪しくなってきたけど(残りの日程も楽じゃないし)、楽しみです。来年以降もカズンズ、キープできるといいけどね。

[PR]

by april_hoop | 2017-02-24 00:00 | 体育 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 20日
アスリートをデザインする
c0160283_23180230.jpgc0160283_23180973.jpg
c0160283_23181503.jpg21_21 DESIGN SIGHTでやってるアスリート展、見てきましたー。やや期待外れだったところもあったけれども、興味深いです。

運動を極めるアスリートを、幾つかの視点で分解したような展示です。ディレクターが為末さんとあと二人。まず最初に待っているのは、スプリントなどの動きをモーションキャプチャーしたもの。躍動感が伝わるけど、特段のインパクトはない。あと、スポーツ報道写真が会場内幾つか展示されていたけど、これも僕は報道写真展でよく見ていた類のものなので、目新しさはなし。そして「驚異の部屋」なる空間では、100m、110mハードル、走り幅跳び、走高跳び、棒高跳び、マラソンの世界記録をアニメーションで上映。うーむ、その凄さを体感するってことらしいけど、これにはあまり臨場感なかったなー。もっとライブに体感させて欲しかったわ。

こりゃ期待外れかもーと思ったところで、次のゾーンでようやく体験型の展示が登場。アスリートの感覚や能力を体感するといった趣旨で、指示に従ってプログラムを行います。指示された重さで重りを引っ張ったり、ある長さを感覚で測ったり。アスリートの目の動きを追体験するってやつ、僕、アスリートと似たような目の動きしてたんですけど。あと、タイムプレッシャーという、時間内にピンポン玉を穴に入れるやつは、初回がうまくいきすぎてプレッシャーとは別の問題で2回目の方が遅くなっちゃったよ。とか、なんのこっちゃわからないと思いますが、総じて小粒な体験でした。僕が考えているアスレチズムとはだいぶ距離のあるコンテンツだったな。もうちょっとストラックアウトとか、パンチングマシーン的なよりフィジカルでゲームっぽいの期待してたわ。

こういう体育系のテーマパークできればいいのになー。うまくやれば老若男女楽しめるパークができる気がするのだけれど。昔、ナイキが昔、北の丸公園でやってたのなんだっけ〜、あれ的な。あれをもっとフィットネスに寄せればなー。スポーツテストの要素を入れながらさ。ボルダリングジムとか、パターゴルフとか兼ねながらさ。

そうそう、今回の展示用のグッズがいろいろユニークだった。サッカーボールやバスケットボールの皮を使ったバッグとか、マルチケースとか、ちょっと欲しかったし、HURDLERというブランドを立ち上げて作ったオリジナルのTシャツもかなり欲しかった(とりあえず我慢)。関連トークイベんともこれからあるようなので、ご興味ある方はぜひ〜。



[PR]

by april_hoop | 2017-02-20 00:00 | 文化 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 19日
ららぽーとに行きました。
c0160283_12044156.jpgららぽーとに行きました。南船橋のやつ。子供を、玩具セレクトショップ(?)のボーネルンドがやってる「あそびのせかい」という施設で遊ばせてあげたくて。初めて行きましたけどいい施設ですね。僕が子供だったら楽しくて仕方ないだろうなーというプレイルーム・パラダイス。ただうちの子は1歳2か月でできる遊びが限られることと、初めての土地だと多少緊張感があるのと合わせて、大満喫とはいかなかったですが。あと、都合により1時間だけしか遊ばせてあげられなかったので、本当はもっと慣れてくるまでじっくり見守ってあげられればよかったのだけど。

千葉人の僕が子供の時からあったここは、ださいショッピングセンターでしかなかったのですが、今じゃだいぶ洗練されたファミリー向け施設になってました。レストランはビュッフェだらけ、そしてお昼時はどこも満員という感じ。「あそびのせかい」しかり、完全にファミリーにターゲッティングした施設が揃っていて、これは確かに子連れには助かる事ばかりだなぁと。イベントスペースでワークショップしてたのも新鮮だけど、グッドアイデアかと。

改めてwiki見てみると、ここは日本初の車で来るアメリカ型の大規模ショッピングセンターだったとか。開業当初は船橋、津田沼の商圏から距離があるから難しいのではとも言われてたそうで。蓋を開けたら成功だったみたいですが、僕が思春期の頃には飽きられて低迷期だったと思うのですが、今はあらゆるものが分析、合理化されてカムバックしたんでしょうね。合理化ってのは必要だけど、ターゲットを絞って最適化すればするほど、同じ方程式に当てはめることになるだろうから、今度は無個性な似たような施設ばっかりってことになっちゃんだろうね。まあ地元で普段使いするのに、他と違う個性なんて別にいらないのかもしれないけれど。

帰りはIKEAによって、ここも数年ぶりだったけど、IKEAも随分ローカライズされた感じがしました。例えばソファベッドとか前はこんなになかったと思うし、収納のバリエーションとか、日本の住宅事情をかなり考慮してる気がしました。サイズ測るメジャーとかも前からあったっけ? ららぽーとにしろ、IKEAにしろ、規模がでかいゆえに戦略も徹底されているなーと実感した次第。そうじゃないと生き残れませんよね。

写真はIKEAの横の団地風景。こう言うノスタルジーに惹かれますね。


[PR]

by april_hoop | 2017-02-19 00:00 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 17日
初めてのボルダリング
c0160283_12313986.jpg機会があればやってみたいなと思っていた、ボルダリング。ついにそのチャンスが来ましたー。会社同僚に誘われて向かったのは、銀座のボルダリングジム、グラビティリサーチさん。こんな銀座のど真ん中にジムがあったなんてね。しかも営業23時まで。仕事終わりの21時すぎに入りました。
山道具屋の好日山荘さんが運営しているようです。

着替えだけ持って行って、初期登録料1500円、利用料が今日は90分で1200円、靴のレンタル300円、チョーク(滑り止め)レンタル100円(だけど同行者がマイチョーク持ってたのでレンタルせず)、が初期費用。初期登録料さえエイと払っちゃえば高くはないですかね。ちなみに他のボルダリングジムの方がもう少し安価という噂(同行者談)。銀座だし土地代ですかね。

更衣室で着替えて、荷物をロッカーに入れ、早速チャレンジ。スタッフさんが基本ルールを教えてくれる。壁の課題(課題と言うのですね)は9級から1級&初段まであること、所定のスタートのブロックに両手をかけるところから始めること、同じ色のブロックをたどってゴールを目指し、ゴールのブロックも両手で触って正式ゴールになることを知る。ここまでは全く問題ない。そして早速、9級にトライ。まあ、こんなの楽勝でしょう、体力もったいないから5級くらいまでパスでいんじゃないの〜。

って、持つとこ結構持ちづらいじゃん! そして体重移動が結構むずいじゃん! 腕、すぐ疲れるじゃん! てことで、なめてましたよボルダリング。8級くらいまではまあ行けましたけど、7級あたりから結構ハード。というか、僕、上腕が弱いんだよなー。しかしここで経験者からのアドバイス「腕を引きつけると疲れちゃうから、引っ掛けるだけにして、足で持ち上げる感じで」。なるほど、実践してみると確かにその方が負担が少ない! あと、ブロックに足が乗らなくても、壁をうまく使うといいのですね。でも、壁も垂直なのはまだしも、マイナスになってるやつは相当むずいわ〜。経験者がいて、コース取りのお手本を見せてくれるからいいものの、いきなり自分でこれにアタックするのはかなり難易度高いと思いました。最初は経験者の真似をするのが上達の早道と思いましたわ。

4人で休み休み登り、最後の最後は5級を一つクリアして大満足。いやー流行っているのも納得だね。面白かったです。が、筋トレしつつやり込まないとレベルアップしないだろうなーと思いました。客層は、女性3、男性7と云う感じ。ソロで来てる人多い印象。2〜4級登っちゃうような方が多かったかな。あと、女性は体が軽いから有利と聞いてましたが、確かに、ヒョイっと体が持ち上がったりしてました。

また今度来ちゃおうかしら。でもしばらくは、経験者と一緒がいいかな。



[PR]

by april_hoop | 2017-02-17 00:00 | 体育 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 05日
サンシャインが楽しいことになっていた。
c0160283_12530524.jpgc0160283_12515337.jpgc0160283_12521015.jpg大学時代の思い出の地、池袋へ。目指すはサンシャイン! なにやら展望台も水族館もリニューアルしているというものですから。

まずは展望台からスタート。新しく「スカイサーカス」という名前になったそうで。いざ専用エレベーターで到着しすると、いきなり映像のアトラクションでお出迎え。わーとなったところで歩を進めると、オー、ブルー系で統一したポップな空間が表れるではないですか。そして、鏡や映像を使ったコンテンツが続々登場するではないか。万華鏡を写し込んだり、鏡を覗き込むと自分の画像が改変されたり、とにかく「ここで写真を撮ってアップして!」というSNS意識全開の作りです。とにかくコンテンツが多いので、外の景色を見るの忘れてしまうレベル。止めは、VRを使ったアトラクション(写真左)。謎の大砲に入って、発射される映像を見て、未来の東京を空中散歩します。なんかちょっと酔いました。立て続けにお隣で、ブランコみたいなのに座って、これまたVRの映像で池袋を空中散歩します。連続でやったら完璧に寄ったので、途中で注意事項にあった通り、目を閉じたりしちゃいました。実際には三半規管は揺れてないのに、脳への信号だけでこんなことになるんだね。人間の体ってすごいし、テクノロジーこえー! このVRの二つはそれぞれ600円と400円。この日は午前10だったのですく入れたけど、ウェブ予約もあって、並ぶこともありそう。実際午後はだいぶ人増えていたし。

天空を楽しんだ後は、水族館へ。こちらも少し前にリニューアルしたのかな、とても綺麗でした。まずはちょうどアシカショーの時間だったので屋外プールを目指すも、すでに何重にも人が入っていて、観れる余地なし。雰囲気だけ楽しんで屋内へ。こちらもなかなかの人出です。水族館て、昔はそんな人気コンテンツだったっけね? ここにきて妙に人気が出ている気がするけど、営業努力か、展示が良くなったのか。個人的に刺さったのは、ヒョウ柄のエイね。こんなのいるんだ〜。

そんなこんなで1日楽しんだサンシャイン。展望台と水族館以外も、昔の暗いイメージよりだいぶ改善されていて、チープさは相変わらずだけど、なんかとても良い印象でした。東池袋駅とも直結するようになってたし。また遊びに来ても良いかもなー





[PR]

by april_hoop | 2017-02-05 00:00 | 閑話 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 04日
感想_旅をする木
c0160283_20430163.jpg決めた、アラスカに行く。星野道夫『旅をする木』読了。26歳でアラスカにわたり、その地で見て聞いて触れた、圧倒的なまでの世界を綴る。

なんとなく手が伸びなかった星野道夫に初めて触れました。ものすごく良かったです。なぜもっと早く手にしなかったのかと後悔しています。できれば10代の頃に出会っておきたかったよ、20年遅いよ、という思いですが、でもこれ以上遅くならなくて良かったという安堵も少々。

アラスカの風景が目に浮かびます。白夜、オーロラ、カリブーの群れ、氷河、エスキモー、その他、吹き抜ける風や、マイナス50℃という寒さまで。優しく、理性的な語り口は、いたずらにアラスカを礼賛するわけではない客観性があるので、抵抗なく受け止められます。そしてそれ以上に大切なのは、その自然を目の前にして、星野さんが人生の真理に触れていくこと。

すなわち、すべてのものは一つ所に止まることなく動き続けているということ。人間の文明はとても便利だけど必ずしも私たちを幸福にしているわけではないということ。世界は広いということ。それよりも大きな宇宙があるということ。自然は恐ろしく、それゆえに美しいこと。普遍的すぎるかもしれないけれど、でも、この一つの極地で暮らしているからこその説得力があるんだよね。僕が一番響いたのは、自分が今こうしているのと時を同じくして、別のところではクジラがとんでもないジャンプをキメてるかもしれないし、名曲が生まれてるかもしれないし、そういう広さが世界にはあるということ。僕もそういうことは心のどこかで考えていたけれど、そういえば最近は忙殺されて忘れていたなー。

効率や、合理に慣れすぎてしまった今、圧倒的な不条理に、猛烈にひかれました。それは現実逃避かもしれないけれど、でもそれもまた現実だよね。決めました。息子が高校生になったら、家族でアラスカに行こう。そうだ、中学生になったらアイスランドにも連れて行こう。どっちもきっと彼の人生にいい影響を与えられるような気がする。というか、僕自身がものすごく行きたくなったというのが、ほとんど全部なんですけれど。

ブルータスの星野道夫特集も読むことにしよう。イントゥザワイルドももう一回見よう。そうしよう。



[PR]

by april_hoop | 2017-02-04 00:00 | 出版 | Trackback | Comments(0)