カテゴリ:物欲( 83 )

2014年 12月 04日
究極ミニマルグラスに何を見る?
c0160283_0261785.jpgひょんなことから知った「VISION GLASS」。蔵前に倉庫があって週に1回3時間だけオープンしてると聞いて駆けつけてみたら、またひょんな出会いがあったことはさておき(旧知の人と再会しました)、まこと素敵なグラスでしたよ。
VISION GLASS JP

こちら、インドのメーカーが作っている製品だそうで、ヒジョーにシンプルな円筒型のグラス。それ以上でも以下でもない。だけど、この絶妙なシンプルさに猛烈に惹かれたんですよねー。ま、無印良品的といえばその通りですかね。これを、フードコーディネーターのモコメシさんという方と旦那さんが現地の田舎のカフェで見つけたそうで、素性を調べたら現地メーカーが作っていて日本には入ってないということで、自分たちで取り扱いを始めちゃったそうです。すごい行動力。

サイズ展開がいい感じで、ビールもたっぷり入るLHもあれば、ウイスキーによさそうなLWサイズ、チェイサーにはMサイズで、ってお酒のことしか考えてませんが、あとSとSSも。で、これ耐熱容器なんですね。レンジOK、直火OK。てことで、料理とかにも使えちゃうのです。アヒージョも作れればお米も炊ける、ってことで汎用性むちゃくちゃ高い。用途が広いというところで、この究極のミニマルさが生きてきて、どんなシーンにも違和感なくハマっちゃうというわけ。すごいです。さすがインド生まれ、ゼロを生み出した国のプロダクト。

なわけで、HPではこのグラスを使ったレシピの提案もあれば、スリーブとか小物やギフト用のラッピングなんかもあって、可能性はまだまだ広がりそうな感じ。そう、ここで「ビジョングラス」って名前にも唸っちゃうわけですよ。なんでも入る、どこでも使える、どこまでも見える。さてそこからどんな世界を見つけますか、と。

ということで、僕はLWを6個セットでお買い上げ。LHもかなり迷ったけどねー。自宅にも、結婚お祝いなんかにも良さそうですよ。ぜひチェックしてみてください。

<2015年9月19日追記>
蔵前のお店、移転するみたいですねー。あと、KATORIEっていう平べったい新しいラインナップが加わってる。これも気になる。
[PR]

by april_hoop | 2014-12-04 00:00 | 物欲 | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 06日
続・iPhone6のSIMフリーにしてみた
c0160283_00744.jpgてことで格安SIMを1ヶ月使った結果のご報告。

まずデータ量は、途中で無駄にテザリング(できます!)して、大容量ダウンロードしたら1GB近く浪費しちゃってて、2GB使い切ってしまいました。それがなくても、1日50MBくらい使ってる感じがしたので、2GBはいっちゃうかなーって感じ。ただ、僕は動画とかほとんど見ず、ウェブブラウズ、メール、SNSメインなので、LTEじゃなくても全然平気って感じだったので2GBでなんとかなるかなー。LTEと遅い回線と、アプリで切り替えられるけど面倒なので途中からやめた。普通のウェブとかなら低速でもやれないことはないので、足りなくなったら最後はそれでしのぐ、という感じでしょうか。関係ないけど、なんかこないだ、IIJからプレゼントっつって500MBのクーポンもらえました。格安SIM同士、競争激しいんでしょうね。U-mobileはなんとLTE使い放題、通話付き2980円ての出してきたからヘビーユーザーにはそっちのほうがいいのかも。てかこのあたりはイタチゴッコでまだまだ値下がりしそうな感じ。

通話は、台風のときに方々に電話したためLINEの60分を使いきり、追加で720円120分を購入するも、それは2週間で15分くらいしか使ってない感じ。さらに楽天でんわが、3分以内の通話無料っての出してきたのでそれと併用すれば60分ので事足りるなー。もちろん不測の事態で上ぶれすることはあるだろうけど、たかがしれてそう。あと、LINE電話も30日通話し放題980円てのを5000名限定(11/5まで)でリリースしてましたね。通話の感じは、どちらも問題なくお話できてます。LINE電話はちょっとだけ遅れてるかな?って感じもするけど、途切れたりはないので特に支障ないかな。通話アプリも今後どんどんお得なの出てきそうな感じですね。引き続き注目、お試ししていこうかなと思います。

ということで、LINE電話追加しちゃったので、今月の利用料は3000円てところでしょうか。au時代に毎月7500円くらい取られてたことを思えば、十二分に目標を達成できた感じです! 使い勝手も問題なし。ところでiPhone6そのものですが、最初はさすがにデカいなーと思ったけどあっという間に慣れ、4Sを持ってみたら「ちっさ!!!」ってなりました。絶対に戻れないですね。あと、薄くて滑らかすぎてすべっちゃうのでやっぱりカバーを装着。少し厚みが出てもそのほうが持ちやすいなと思いました。てかそもそも8万円もする端末なんだから、できるだけ保護して守らなくては。と、派手に落としてから思ったのでした。

それからSIMフリーにしてよかったな、って思ったのは台湾出張したとき。プリペイドのSIMカードを使ったら実に快適。日常がそのまま海外に持ち越されちゃうことの良し悪しはもちろんあるけれど、知らない街でグーグルマップが使える便利さったらないわー。

てことで、すばらしきSIMフリー&格安SIM。あんまり電話しない人はすべからく移行したほうがいいのではないかと思いました。ま、来年はキャリアもSIMフリーになるって話なのでまた事情が変わるんでしょうけど。

iPhone6のSIMフリーにしてみた
[PR]

by april_hoop | 2014-11-06 00:00 | 物欲 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 30日
iPhone6のSIMフリーにしてみた
c0160283_22354839.gifiPhone4Sを持ってから2年半くらいにして機種変更することにしました。直接の理由は2年過ぎたらなんとか割がなくなっていきなり月額2000円以上も高くなったから。auを14年くらい使っててこの仕打ちってけっこう切ない。そして6が出て機能的にもだいぶ差があるみたいなので、最新にのっかりたかった気持ちもありつつ。とにかく、最大の目的はランニングコストを下げることなので、SIMフリー版を買い、格安SIMと呼ばれるものを契約しました。いくつか検索して本当にそれでいいのか確信は得られなかったんだけど、そうこうしてるうちに予約始まってすでにお届けまで一ヶ月かかるとかかからないとか言い始めちゃったから見切り発車で。

とりあえず9/14か15にAppleのオンラインストアで、ゴールドの64GBを予約。お届けまで3〜4週間と出てましたが、27日に発送のお知らせがくる。auに解約の電話するとポイントで引き止めてくるという噂がまことしやかにあったので、電話してみると確かに「お考え直しいただけるようならポイントさしあげます」みたいな案内ありました。1万ポイントだの3万ポイントだのという噂だったので、それ使って通話用ガラケーに機種変してSIMフリーiPhoneは新規でもってみようかなとか考えてみたけど、面倒なだけだと思って却下。テレアポさんからもこの段階で具体的な数字の提示はなかったし、駆け引きするのも面倒だったのでそのまま転出することに。2年縛りの違約金9500円だかってのがすごく嫌だったけど、すでに2年縛りを経過してるためか、別の解約手数料が3000円とかだけだったわ。あとはMNP手数料はどうしてもかかるけどね。で、盲点だったのが月額利用料金は日割りにならないってこと。1日になっちゃったら、10月分丸々支払わないといけないらしい。でも結果的に月末で、格安SIMもすぐに契約できたのでギリギリセーフ。あぶなかったなー、もう。

てことで選んだ格安SIMは、ビックSIM。それまではUmobileがいいかなと思ってたけど、10月からビックSIMで使えるデータ量が全部倍になるということでそれがいちばんお得っぽかったので。とりあえずはいちばん安い通話付きのミニマムスタートプラン、月に2GBまでで1728円税込。4S時代の履歴をみると、月に1GBくらいしか使ってなさそうだったので十分かな、と。足りなければ4GBのプラン2400円弱に変えればいいし。あと、ビックカメラに契約カウンターがあったのもラクそうだったので決め手に。初期設定も面倒だったのでやってもらったし(有料だけど)。このおかげで、即日契約、即使用できたのはかなりよかったわ。

さて、さくっと使った感じはLTEさくさく〜って感じで嬉しいです。通話はどうするかってことで、LINE電話アプリ入れてみました。固定でも携帯でも390円で60分かけれるってやつ。もともとあんまり電話しないからこれで足りるんじゃないかなーって思って。なので、SIMと電話あわせて2100円ちょいで維持できる計算! 実に今までより5000円以上安いよこれは! さあ、はたして目論見通りいくかどうか。

続・iPhone6のSIMフリーにしてみた
[PR]

by april_hoop | 2014-09-30 00:00 | 物欲 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 03日
ダウンハント
c0160283_21464635.gif北欧旅行に備えて防寒具を揃えなきゃ、です。オーロラ観賞用だから、史上最強に温かいのを探さなくては、とさっそくリサーチ開始。まずは近くにあったモンベルから。「いちばん温かいダウンどれですか?」で出てきたやつを試着してみる。おお、なんか極地用とか書いてあってて、着た瞬間すごいあったかい!(店内だから当たり前か)。首周り、袖口の防御力も高そうだし、なんと値段も3万5000円くらいってだいぶ安くないか? ところで、ダウン選びってどこでどう計ればいいんですか?

モンベルの店員さんいわく、ダウンの温かさは、フィルパワー(FP)ってので表されているんだそう。街着のダウンはだいたい500〜600くらいで、いいやつは700〜800とかなんだそう。で、モンベルで着たのは800。一軒目だからほかと比較できないけど、かなりいい気がする。なんでこんなに安いんですか?って聞いたけど、特に理由は教えてくれませんでした。ただ、欠点は思いきり寒冷地仕様なのでオシャレ感がないんですよねー。

比較するにはもう少し調べねばと、パタゴニアへ。いちばん温かいダウンを出してもらうとここもFP750だかでレベル高いが、極地用って感じじゃないなー。なんか本気登山仕様だかのFP1000とかもあるらしいけど、それは原宿店には置いてなかった。よほどのプロが着るものらしい。それからノースフェイスへ。ここも本気ダウンがあったけど、ちょっとごわっとボリューミーすぎて、うーん、ちょっとなーという感じ。68000円くらい。でも、お店の人いわく、オーロラ観るなら絶対このレベルじゃないと寒いってさ。オシャレと実用はやっぱり伴わないもんなんですね。

そしてノルウェーブランドのノローナもチェック。これも軽くてFP700だかで良かったんだけどタウンユース止まりって感じで、最後にヘリーハンセンへ(写真)。これはモンベルのと似てるけど、もう少しスマートに街着いける感じ。ただし、袖周りだったり襟の高さなんかはちょっとゆるいんだよな。でもシンプルでカッコイイくて好きだな。ここはFPを公開してないんだって。てことは数値低いんだろうか。それとも別の意味があるのか。。そうそう、着ててポイントになるって思ったのはポケットで、普通の袋状かつ、サイドから手が突っ込めるあのタイプが嬉しいということがわかりました。モンベルとへリーハンセンがそれに該当。

あちらをたてればこちらがたたずで迷っていると、ほぼ日のダウンがいいとかなんとか。その名も水沢ダウン。国産で、ハンドメイドで、とにかくディテールのクオリティが半端じゃなく、猛烈にあたたかいのだそう。水沢ダウンに、ほぼ日が別注かけたんだって。ちょうど原宿にできた新しいデサントの店で、これを試着できるというからいってきたよ。一心不乱に売り場を目指し、最大防寒をお願いしますと依頼して試着。うーん、確かにジップ周りとかちゃんと作られてそうで温かい。人気商品でわりとすぐ売れてしまうんdなそう。だけど、、、やっぱりちょっと洒落っけが足りない!

行く先々でオーロラ見に行くのでいちばん温かいのが欲しいんですって言って回ったけど、どうも調べているとトップスにアウターはもちろん、ボトムもダウンパンツとかで防寒しないといけないらしい。当たり前のことだけど、全然考えてなかった。。となると全部揃えたらえらいこと。これはやはりレンタルしかないのか。。

ひととおり観てわかったことは、東京でのタウンユースならどのダウンでも必要十分ぽい。あとはデザインとディテールで選べば、そう差はないのかな。で、最終的にへリーハンセンのがいちばん求めるバランスに近かったので、現地街歩きようということで購入決定! なかなか勉強になりましたわ。とにかくモンベルは安い!

とりとめもありませんが備忘録ということでよろしくお願いします。
[PR]

by april_hoop | 2013-12-03 00:00 | 物欲 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 28日
便利はどこまで必要ですか?
c0160283_8545390.gifタブレット端末が欲しいのです。主にiPad AirかiPad miniを。でも別にどうしても必要ってわけでもなくて、あったら便利だろうなーとか、電子書籍にもっとトライしてみようかなーとか、そんな感じ。で、AmazonがKindle Fire HDXというデバイスをリリースしたっていうじゃない。しかも、原宿の426カフェにタッチ&トライスペースを設けたというじゃない。
Amazon.co.jp: Kindle エンタメステーション

iPad以外のタブレットって初めて触るから新鮮ー。こちら、iPadエアよりも100gくらい軽くて、そしてお値段も1〜2万円安いというマシン。スペックのことが全然わからないのでそのあたりの比較ができないのですが、とりあえず画面はすこぶるキレイでした。とりあえずインストールされてた『宇宙兄弟』とか小説とかを開いてみたけど、「読むって行為」に対してのストレスは全然ない。けどやっぱり慣れてないから、「読書体験」としては違和感はあるね。これはただの慣れの問題だと思うけど。映画とかは、8.9インチサイズでも十分いけちゃいそうだなー。ちなみにVODサービスを導入したとかで、Amazonでレンタル、購入ができちゃうようになったそうな。ぐいぐい来ますね、この辺り。

ただやはりiOSにどっぷり慣れ親しんでいるので、基本的な操作で多少戸惑うことは否めず。今、Apple体系で自分の環境が整ってしまっているので、iCloudでの共有とかを考えるとここから抜け出すのってけっこうしんどいかもと改めて実感するなー。そのあたりも慣れと、サービスの組み合わせ方でなんとでもなるんでしょうけどね。

しかしまあ、どこまで便利になって、それを追いかけるんですかね、僕たちは。この端末なくてももう十二分に便利だよね、世の中。行きたいところにはだいたい行けるし、やりたいことももうかなりできていると思うのだけど、さらにまだ隅っこの隅っこの吹きだまりみたいな場所までサービスを行き届かせようとしていて、時々滑稽さと哀しさみたいなものも感じなくはないです。3Dテレビとか要るか?みたいな。タブレットがほしいという物欲はあるけれど、MBAを持ち歩いている今、それとの棲み分けもあんまりできないし、結局のところそこまで必要なものじゃないってことなんだよね。って、さんざん便利なものの恩恵を受けといてこの辺で大丈夫です、って言うのも虫の良い話なんですかね。かじった以上は最後まで付き合えよって感じ?

便利に飲み込まれすぎないようにがんばらにゃーいかんなーと思います。がんばることなのかどうかはよくわかりませんけど。ちなみに、このKindleエンタメステーションは12月1日まで。初日の昨日は先着100名にクーポンが贈られかつ、抽選で5名にタブレットが当たるってことでオープン時行列してましたよ。Appleのそれほどではないけど、みんなよく並ぶなー!
[PR]

by april_hoop | 2013-11-28 00:00 | 物欲 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 31日
HAY!
c0160283_23133581.gifc0160283_23134796.gifデンマークのプロダクトブランドでHAYってのがありまして、その展示会に行ったところとても素敵だったのでご紹介させていただきます。
HAY(本国のサイト)

2003年に立ち上がったブランドで、メインでやってるのは2人のディレクターだそう。彼ら自身がデザインするというよりは、彼らはディレクターとしてさまざまなデザイナーと組みながら、ブランドフィロソフィーに基づいたものをいろいろと生み出しているとか。テーブルや椅子などの家具もあれば、ノートなどのステーショナリー、雑貨もあったっけ。あとファブリックはベルンハルト・ウィルヘルムとコラボしたアイテムも出るとかなんとかで、そういうスタイルって北欧に多いよね。マリメッコとか、IKEAとか。

でまあ、とても素敵!って話ですよ。木の温もりを感じ、シンプルで美しいラインは、まさに北欧という感じ。しかも繊細さも併せ持っててモダンな印象。なんかコペンハーゲンの学校だか大学だかのためにデザインしたデスクとかチェアがメチャクチャかっこいいんだわ。それでいて椅子はちゃんとスタッキングできたりとか機能性も高くて。棚もすごいイカすやつあって、本気であれは欲しかったな。家に置くところさえあれば…。あと予算さえあれば……。

今は、コンランショップとかアクタスとかで取り扱いがありつつ、いちばん数が揃っているのはharutaっていう上田のお店。こないだマーチエキュート神田万世橋に入ったので、まとめて見やすくなったのはいいですね。でも何やら日本法人も立ち上げる方向で動いているとかいないとか。直営店できたら人気出ると思うんだけどなー。価格も高過ぎないし。安くもないけど。

とりあえず、年始の旅行でもしコペンハーゲンのお店に立ち寄ることが出来たらのぞいておこう。旅行の楽しみがひとつ増えましたぞ。
[PR]

by april_hoop | 2013-10-31 00:00 | 物欲 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 30日
マスキング・ザ・ワールド
c0160283_22294193.gifご存知でしょうか、マスキングテープ。かつてはただの工業用テープだったマスキングテープ。塗装のときに使ったり、作業の目印として使ったり、そんな存在だった紙のテープ。それが数年前から「雑貨」として注目され始め、あれよあれよというまにオシャレでかわいいテープとしてもてはやされるように。年々色柄や形のバリエーションが増え続け今じゃコラボレーションや限定モデルも多数。そんなマスキングテープ(巷じゃマステなんて呼ばれ方も)の博覧会に行って来ました。其の名も「mt博」!
マスキングテープ「mt」- masking tape -

「mt」てのは、マスキングテープ最大手のカモ井加工紙さんとこのブランドで、シェアがどんなものかわからないけど圧倒的多数を占めていると思われます。なんでも、一部の雑貨愛好家が工業用マスキングテープの紙の質感や、貼って剥がせる機能性、そして色バリが豊富だったことに目を付けたのが最初で、リトルプレスを製作。その流れでカモ井さん、工場見学させて!って訪ねてったことからmt開発がスタートしたとか。いやーカンブリア宮殿に出したいくらいのストーリー。

てことで、このmt博、月島の倉庫改装ギャラリースペースでやっておりました。予約優先ということで、この予約申し込みもオペレーションうまくいかず大混乱してたみたいだけど、平日の14時くらいにアポなしで行ったら16時以降なら入れますよってことで出直し。休日は予約だけで入れなさそうだったな。

さて、2Fに行く階段からしてすでにmtワールド全開! なんせ会場装飾がすべて色とりどりのマスキングテープたちでなされているという!! これは僕のようなオッサンでもちょっと楽しいですわ。
期待に胸膨らませて展示室へ入るとさらにすごい! 床も壁も、全部マステが貼られている〜。さらに過去の柄なんかもインストールされているじゃないかー。部屋は主に5つくらいかな。古いものを箱に好きにつめて500円の部屋、現在のラインナップを販売しているメインのショップ部屋、ガチャガチャがある部屋、mt使ったアート作品みたいな部屋、ワークショップの部屋、後はトゥクトゥクをマステでペイントしたようなのが展示されてたりも少々と、規模は小さいけどいろいろ趣向が凝らされていて楽しいじゃないの。

でまあ、とにかく女子、女子、女子の女子率99%でしたね。付き合わされてる彼氏みたいなのも2人くらいはいたけど、それ以外は小娘からママさんまでひたすらに女子。みんな必死にどのマステを買うか、バーゲン会場かのような雰囲気だったわ。そんな僕も、minaとのコラボを2つと、会場限定らしいスポーツテーマの柄の3種と、テープカッターまで買った上にガチャガチャまでやってしまったけどね。勢いってすごいわ。

思えばこのmt、ニューヨークの雑貨屋でも売ってたくらいだからすごい影響力。世界にはばたくmt人気、まだまだ拡大しそうだな。来年も行っちゃおうかなー。
[PR]

by april_hoop | 2013-10-30 00:00 | 物欲 | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 06日
楽ちん靴はどれ?
c0160283_12385268.gifc0160283_1239191.gif夏休み直前です。瀬戸内の島めぐりを想定して、何を履こうか迷っていました。手持ちのビーサンはちょっと足とあってなくて長くあるくと鼻緒部分が痛くなるし、ペタペタしすぎる。レザーサンダルはソールがないから長時間あるくと疲れる。かといって普段のスニーカーは暑い。どうしよう!

で、いくつか見て回ったのです。まずはスポーツショップで、アクアソックっぽい靴はどうだろうかと。ノースフェイスのコレとか、プーマ、アディダス、ナイキあたりの軽量シューズっぽいのとか。値段もそれほどでもないしどうしよっかなーと思って決め切れず。軽くて涼しいといえば、いっそランシューとかがいいのかな?とか。シャレたニューモデル買って素足で履いてくってどうだろう、と思って、手持ちのフリーで試してみたところ、通気性いいといっても蒸れるものは蒸れるなと知って却下。

としたところ、NIKEから、FREE FLYKNITっていうニューモデルが出るっていうじゃない。ちょうど店頭にも出たばかり。さらに究極の裸足感覚ってどんなものかと気になって早速試着しに原宿店へ。あるある、と早速トライ。うわー、これまた独特の感覚だわ。ソールはこれまでのフリー5.0(だったかな)で、違うのはアッパー。これがひとことでいうと靴下みたいな感覚でしたわ。すごい締め付け感で、足との一体感というか、靴履いてない感はすごい。面白いなー。がしかし、これは街歩きようじゃないね。このコンプレッション感で歩いたらすぐ疲れそう。てかそもそもどのシーンで履いていいのかよくわからないけどね。そしてカラーデザインも微妙にコレってのがなかったんだよなー。

とフリダシに戻ったところで、人が履いてたモンベルのサンダルが目に留まる。あれ、なんか格好よくないですか?と早速店頭へ。格好よさはそうでもなかったけど、さすがモンベルだけあって履き心地がいい。価格も2000円と安いじゃないか。問題はサイズ。Mだと24.5〜26.5cm、Lは27.0〜29.0cmという設定。27cmくらいの俺にとって、Mは小さく、Lは大きすぎる。この設定はないんじゃないかい、モンベルさんよぉ!と店員さんにどっちがいいか聞いてみたら、多少のびるからMで絶対大丈夫だってさ。そこまでいうなら、とMで決定。

実際に履いてみると、とてもよかったです。クッション性もそこらのビーサンよりあって楽だし、独特の形状でかなり足と密着する作り。ペタペタほとんどしなく、なんなら軽く走ってもついてきてくれるレベル。心配してたサイズも履くほどに足になじんでくれたわ。実はこれ、鼻緒がないから靴下はいてても履けちゃうのですが、特にその用途は求めてないものの一応便利ポイントとして書き添えておきましょう。オススメの一足でした。

これで夏休み準備は万全!
[PR]

by april_hoop | 2013-08-06 00:00 | 物欲 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 24日
自然の風で心地よい眠りを
c0160283_84203.gifうち、夏でもエアコンつけません(来客時のぞく)。エアコン付けっ放しで寝るのが嫌で、タイマーとか使っても止まった瞬間に猛烈に暑くなって目が覚めるのも嫌なものですから。だったら窓全開で寝る方がいいと。暑くなって数日は寝苦しいけど人間慣れるもので、1週間もするとわりとすんなり眠れるようになります。汗はめっちゃかきますけどね。あとは、扇風機を回しておくとだいぶ違うし。つーことで、ずいぶん前に買った小さなタイマーもない扇風機をずーっと使っていましたが、今回買い替えることに。で、選んだのがバルミューダのちょっと前にグッドデザインにもなった扇風機。
バルミューダ | GreenFan2+(グリーンファン2プラス)| 自然の風を、最小の消費電力で


ちょうど、洗濯機を買ったときのポイント6000円ほどが今月末で有効期限切れるってことで、欲しい家電を探したら扇風機くらいしかなかった、って事情がきっかけでした。ダイソンの羽のないやつも検討し、他のメーカーもさらっと見たけど、最後は見た目でチョイス。いちばんすっきりシンプルモダンはこれかな、と。しかし、そのくらいのモチベーションだったけど、これがなかなかようござんして。家電量販店で風をチェックしてみたら、いちばん風速遅いやつはすごいサラサラしたナチュラルな風がふくのですね。こんなんで足りるのか?とか思ったけど意外にアリだったわ。

メインの出番は寝る時なので、この優しいサラサラ風が絶妙に心地よく、喉や体へのダメージもほとんどなさそう。古い扇風機にはなかったタイマーもあるし(まあ普通の扇風機はあるか)、リモコンもあるし(まあこれもあるやつはあるか)、てか操作性とアイコン周りのデザインがApple的でグッド。おそらく大いに意識しているんじゃないかと思います。最近の扇風機って、椅子&ベッド生活を想定した高さになってるよね。他社も同様だけどこれも使い勝手いいな〜と実感。しかも真ん中のポールを抜けば背の低い仕様にもできてしまうというニクイやつ。それからなんでも最小パワーのときは消費電力もえらく少ないというウリだし、これにしてよかったな、と思います。

あと、これ別売りの電池パックをつけるとコードレスにもなるんだよね。ボディ底部にユニット埋め込めるデザインになっていて、最初から装着したバージョンもあるんだけど、1万円値段がかわるからスルーしました。が、使ってみてやっぱり多少の移動をするときにコードレスが絶対いいわと実感。追加注文することにしました。ボディがそれなりに大きいからコード引きずって移動はけっこうストレスだったわ。夜は充電しながら使って、移動はコードレスってスタイルがいいんじゃないかなー。

厳密な他社比較してないうえ、10年前の扇風機からアップグレードされた嬉しさが前に出まくった、全然役に立たないレビューですけれど、多分細かなインターフェイスは本当に優れているんじゃないかと思います。一般的な扇風機より値が張るけどこれにしてよかったわ。快眠をありがとう!
[PR]

by april_hoop | 2013-07-24 00:00 | 物欲 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 22日
I HAVE A NICE T!
c0160283_0123938.gifわーい、届いたー! ほぼ日こと「ほぼ日刊イトイ新聞」が出した今年の「HAVE A NICE T!」ですヨ! ってこれ、いつから企画されていて何年目なのか知りませんというか、突然FBから情報が流れ込んで来て一目惚れ的な勢いで先週末ポチりました。
HAVE A NICE T! - ほぼ日刊イトイ新聞

種類は全部で7種類。シンプルなレタードTシャツと、くすっとさせるイラストTシャツと。カラバリはそれぞれに最大3色。基本的なコンセプトは、「TシャツらしいTシャツを」ってことらしい。僕が勝手に解釈するに、シンプルで、がんがん着倒したくなって、ユニークなもの、だと思う。というかそれは僕が望んでいるTシャツの姿か。でも、その感覚で見てピタリと来たからポチリとしたわけで、ピタTです。

で、僕は「POTENTIAL」と書かれたやつか、「INNOVATION」てほうか、すんごく迷ったわけです。はい、最初からこの2択でした。言葉としてはポテンシャルのほうが好きなんです。潜在能力。なんか奥ゆかしいでしょ? ノウタカ(能ある鷹はうんぬん)的な感じでさ。スラムダンクにも出てくるしさ。だけど、いい歳こいたおっさんが「ポテンシャルはあります!どーん!」とか言うのって、ちょっとナシだよね、と思い直してイノベーションにしました。昨日、革命は起きなかったかもしれないけど、でも僕は革新していかなくては。ては。そんな気持ち。

白、紺、赤の3色から迷う。MかLかでも迷う。ワードローブをあれこれ思い浮かべ、そしてサイズは手持ちTシャツを測って比べて、最終的に白のLに決めた! 今年はジャストサイズよりも、ちょいゆったりくらいが気分! 届いて早速着てみたらいい感じだった〜。多分Mでも大丈夫だったと思うけど、うん、Lでよかったわ。サイトには、写真を使う疑似試着のコーナーもあったけど面倒だったので試しませんでした。よーし、今年の夏はがんがんイノベーションしてくぞー。というモチベーションをくれるナイスTシャツ。イエーイ。Tシャツって、なんでこんなに楽しい気持ちにしてくれるんでしょうね。バンザイ!

さて、こんな楽しそうにやっておきながら、実は「ほぼ日」をほとんど読んでいません。たまーにめぐってきたリンクから飛んでみたりもするんだけど、ウェブマガジン的なものってちょっと億劫というか食わず嫌いというか、そんな感じで。糸井さんの発言は好きだしぼんやりとしたリスペクトはあるんだけれど。でも、あらためて今回チラリと見てみると、やっぱりとても素敵だわ。多分僕がやりたいことは、「今日のダーリン」的なことで、エッセイのような、つぶやきのような、そんな日々の泡を残していきたかったんだと思うんだ。自分でもそのあたりのモチベーションは、はっきりしてはいないけど、すぐに弾けて消えてしまうものだとしてもね。といいつつ、今日のダーリンみたくアーカイブしない勇気はなくて、全部残して自分で自分の足跡を確かめながら進んでいるあたり、弱腰なのかしら? いや、これはただの自虐自演。

そういうわけで、HAVE A NICE Tは数量限定。すでに続々と完売も出てますので、みんな急ぐのよ! 注文したら2〜3日ですぐ届くわよ!
[PR]

by april_hoop | 2013-07-22 00:00 | 物欲 | Trackback | Comments(0)