2018年 05月 08日
八丈島はいいところ。最終話
c0160283_12092669.jpg
c0160283_12093303.jpgc0160283_12094432.jpg


4日目、最終日。ここでトラブル発生。なんと、強風のため飛行機欠航の恐れが!

実は2日前の時点で、お店の人から飛行機欠航の可能性があるという話を聞いていて、ANAからもメールでその可能性のお知らせが来ていたのでした。欠航→帰れない→宿無しかつ、以降の日はそれはそれで飛行機が満席続き。これどうしたらいいんでしょうか?

唯一飛行機に空きがあったのが翌日のだったので、そっちに振り替えてみたけど、今日欠航するのかどうかはまだわからない。帰れるなら帰ったほうがいいに決まってるから、やっぱり予約を戻そうかと思って問い合わせたら明日の飛行機が飛ばないわけじゃないのに、振り替えはできないという回答。ムムム。

よくわからなくなったので、とりあえず朝一で状況確認がてら空港に行ってみたら、飛ぶかどうかはまだ全然わからない(というか滑走路が短いから、超追い風の時の着陸がむずいんだそうで、到着できるかが問題なんだそう。折り返し便のため)。でも、キャンセル待ちを受けてくれて、明日の予約はキープしながらも飛べば帰れるということに。よかったー! 神対応ありがとう! あとは到着しなかったら、つまりは入島できなかった人の宿が空くはずだから、宿はなんとでもなるだろう。

先行きは不透明だけど、最悪は回避できそうなので安心して、島の古民家カフェ、中之郷さんへ。沖縄みたいな石垣の中の雰囲気あるところで、明日葉スコーンとコーヒーをいただく。息子は早々に昼寝をしている。のんびり最後の時間を過ごして、フライトが迫ったので空港へ。

飛行機は、折り返し可能性ありの状態で羽田を飛んだそうだ。予定時刻は近づいている。空港の屋上に出てみると、ものすごい強風で立っているのも一苦労レベル。これは着陸できないというのも頷けるな…。頷いてる場合じゃないけど。

まあ気を揉んでも仕方ないので空港レストランでお昼ご飯を食べながら窓の外を見る。アナウンスが流れる。着陸に苦戦してて、上空で風を見ながら待機しているそうだ。着くのか、着かないのか…。再びアナウンス。周囲に緊張が走る。「30分後めどで着陸します」とのこと。そしてその時は来た! 無事着陸〜!! 当然、全員で拍手ね。この一体感最高だよね。あーよかった。

ということで定刻よりは遅れたものの、無事に帰ってこれたのでした〜。最後に島っぽいトラブルも付いてきて、のんびり時間と、ちょっとのハラハラとを味わえる良き旅になりました。子連れじゃなかったら、物足りないかもしれないくらいののどかな場所だったけど、今の僕たちには丁度いい旅先でした。釣りやダイビングが人気のようなので、この子がお鉢巡りできるレベルになったら、また来たいなー。

それから最後に一つ。東京都が、「しまぽ」という島で使える電子通貨を発行していて、一言で言うと、7000円で1万円分の電子通貨が買える、ということです。僕らが泊まった宿泊施設でも使えたので、宿泊費5万円のところ、3万5000円で泊まれてしまったということです。超お得でしょ。使えるのは加盟店のみなので注意は必要だけど、宿泊、食事、お土産の主要どころはカバーしている印象でした。スマホから登録・購入できるので、伊豆諸島など東京の島に行く人は、ぜひご覧あれ。



[PR]

by april_hoop | 2018-05-08 00:00 | 旅情 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://aprilhoop.exblog.jp/tb/29659027
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 感想_NYの「食べる」を支える人々      八丈島はいいところ。第4話 >>