2017年 09月 18日
感想_ダンケルク
c0160283_23005179.jpg
地味、しかし、目が離せない。『ダンケルク』鑑賞。1940年、ドイツ軍によってダンケルクへと追い詰められたイギリス・フランス連合軍は、海から35万人の兵士を撤退させることを決断する。陸、そして空からのドイツ軍による攻撃をかいくぐりながらの、一秒も気を抜けないその撤退を、クリストファー・ノーランが精緻に描き出す。
映画『ダンケルク』オフィシャルサイト


ノーラン作品、世界でヒット中となれば、見ないわけにはいかぬと、雨の日曜日の朝一に駆け込みました。とてつもなく地味な映画というと怒られそうだけど、ダンケルクの戦いにおけるダイナモ作戦といういう史実に残る厳しい撤退の様子を、退屈させずにここまで緊迫させられるノーラン、天才すぎるよね。


海岸から撤退を図るイギリス兵の陸の視点(1週間)、この作戦ならではの英雄となる民間船のユニット(1日間)、そして影で撤退をサポートした空軍(1時間)。主にこの3つのドラマを並行して描くという構成だけど、その重ね方というか編集テクニックがすごい。音楽による緊張感、小さなエピソードの並べ方、そしてカメラワーク、どくにも隙のない完成度は毎度のことながら凄すぎるね。インセプションやインターステラーのようなスケールの大きな飛び道具設定なしでもここまで見せ切るんだから。逆に言えば、エンタメ度は低いと言わざるをえないのだけど。


帰還後の電車で新聞を読むシーンには不意に涙がこみ上げてきて、それはジョージのエピソードに依るところが大きいのだけど、戦争というと大きな視点で語られがちな中、エンドロールにあったように、この戦いで人生を左右された人は戦死者の数の数十倍いるということを思わされる。戦死者を始め兵士など直接戦争に関わった人はもちろん、その家族や友人、軍や政府関係者など間接的に関わった人もたくさんいる。そしてそれはドイツ軍にも当てはまることなのだと思う。『つぐない』という映画でもこの撤退戦は背景にあったね。あれはフィクションだけれども、1人の戦死者の周りにはたくさんの物語があるということの、一つの真実だとも思う。


それにしても、名前も顔も誰だかわからない混乱下に置かれる戦争の凄惨さよ。キリアン・マーフィーも(船でクダ巻いてたあいつか)、トム・ハーディ(恐れ知らずのパイロットか)も、エンドロール見るまで出てたの気づかなかったし(僕の目が節穴だっただけですが)。ところで、とにかく戦争の臨場感が半端じゃないという評判を聞きつけていたのですが、そこまでかな?という感想でした。が、どうやらIMAXで見た方が凄まじいらしいです。僕が見たのは4Kには対応してたみたいですが。


誰もが見るべき映画とは思わないけど、名作の一つとして語られそうな1本。ちなみに、ダンケルクの戦いのWiki見てたら、過去にもこの戦いら映画化されてるのだね。



[PR]

by april_hoop | 2017-09-18 00:00 | 映像 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://aprilhoop.exblog.jp/tb/27548174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 完走_東京マラソン2018      感想_君の名は >>