2016年 03月 01日
感想_東京マラソン2016
c0160283_11155829.jpg<br clear="left">ということで東京マラソンの激走から一夜明けまして。近年稀に見る筋肉痛です。2日目の方が酷いです。

2度目の本格仮装によるフルマラソンだったけど、やっぱり楽しかったなー! ゴーストバスターズがどのくらい伝わるのか若干心配だったけど、十分な人々が応援してくれました。特に外人さんはビビッドな反応してくれて嬉しかったわ。ランナーもじゃんじゃん写真撮ってくれたし。「マシュマロマーン」て呼ばれることもあったし(それ、敵の方な)、「ミシュラーン」とも呼ばれたし(似てるかも知らんけど違うわな)、「おばけ〜」もあったし(外れてはいないね)、「なんだっけあれ、えーと」というリアクションも多かったね。そういう人には自ら「ゴーストバスターズ♪」って歌って「あーそれだ!」っていうコミュニケーションしました。今回、チーバくんと違ってリアクションが出来たので、手を振ったりありがとう伝えたりできて楽しかったなー。へばっても、声かけられるとつい笑っちゃうんだよねー。

しかし全体的に見ると、規制の効果で仮装は減ってたな。ライトな仮装は一定数いるけど、大掛かりな仮装は消えちゃったね。まとめサイト見ても、すげーってやつほとんどないし。唯一、「阿弥陀如来」さんは全身黄金ですごかったけど。途中、並走する時間があって、「僕ら今、すごい絵でしょうね」って話しました。仮装の是非はあるでしょうけど、一つの盛り上げコンテンツではあるし、どうせゲートわけするなら仮装専用ゲート作って、そこは厳重なセキュリティチェックする、とかで妥協できないですかね。

沿道の応援は、相変わらずで私設エイドもたっぷり。でも全体的な数はやっぱりひと段落なのかな。ブームは過ぎ、物見遊山でくる人も落ち着き、箱根とかと一緒で、好きな人が毎年見に来る、っていう感じになってきたのだと思います。10年経って(もう10年か〜)成熟フェイズに入ってくんでしょうね〜。

そうそう、今回ウェアラブルカメラをつけて走ったのでした。パナソニックの綾瀬はるか目線のやつ。しかし、フル充電で、電源入れっぱなしで走ってたら20km持たずにバッテリーが尽きました。ずっと録画してたわけでなく、5kmおきくらいに1〜2分ずつ撮ってたんですけどね。ちゃんと電源オフしないといけなかったか。ヘッドバンドしてたので固定はちゃんとされてたけど、でも頭ちょっと痛かったから5時間つけっぱなしもきつかったろうね(電源つきてから頭から外して首にかけてた)。そして動画楽しいけど、走行中はやっぱりブレが半端じゃないので、ランニングには向いてなかったな。

ということで、超絶楽しかったけど、とんでもなくキツかったのも事実。今回、月間の走行距離が100km超えた月がゼロという異常事態。体は正直というか、練習しないとやっぱ走れないね、というのを痛感。仮装ももちろん楽しいけど、次はちゃんと納得いく練習して、自己ベストにもう一度挑みたいなーという気持ちが強まりました。

何はともあれ、楽しい1日でした。関係者の皆さん、ボランティアの皆さん、ともに走ったランナーの皆さん、沿道の皆さん、本当にありがとうございました!

<<<スタート編
<<<ゴール編

by april_hoop | 2016-03-01 00:00 | 体育


<< リレーは楽しい      完走_東京マラソン2016(ゴ... >>