2015年 01月 11日
NEW YORK AGAIN 17
c0160283_17101027.jpgc0160283_17102249.jpgc0160283_17103291.jpgc0160283_17104125.jpg
<day7:1/1続き>
⚫︎MOMAダッシュ
結局MOMAについたのはもう17時手前。閉館は18時なので、1時間しかないじゃん!ということでダッシュで見て回る。2回目とはいえ、25ドルもするのにもったいない時間の使い方になってしまったなー。でもしゃあない。

前と同じように最上階から下へ降りてくことにしたんだけど、前回とはガラリと展示が変わってて(当たり前か)おっもしろいなーー! 現代美術ってとにかく幅が広いから、他のどの美術館よりも来るたびに印象が変わりそう。2013年に来た時はポップアートの殿堂だな!っていう印象がすごく強かったのだけど、今回はより先鋭的な雰囲気で、アメリカ以外の作家の作品もすごく多かった気がしたな。もちろん、おなじみのアメリカンポップアートも健在なのだけどね。

企画展は、アンリ・マティスの切り絵作品を集めていて、これ素敵だったな。アートというよりデザイン色をすごく感じて、ポスターデザインを見ているような感じ。なんか絵画の人というイメージしかなかったから(よく知らないけど)、こういう切り絵作品があったことも意外だったし。あーでも全然ゆっくり見れないまま時間が迫る。これだけ広い館だし、人数も相当だし、18時ぴったりには閉館できないだろうとタカをくくってたらとんでもない。15分前くらいからトイレにも入れなくなり、時間がくると羊飼いに追い立てられる羊のようにあっという間に入り口まで押し戻されてしまった。。消化不良!(自業自得)

⚫︎世界一のショービズや!
一度ホテルに戻ろうかと思ってたけど、ブロードウェイの開演が1930で時間もあんまりないので、直接向かうことに。劇場そばのなんでもないピザ屋で腹ごしらえをして、いざ劇場へ。うわーー、すごくいい感じじゃん! 箱自体さほど大きくないと思うけど、昔ながらっぽいレトロな作りに感激。心配された座席は、最前列から2列目のいちばん左端。やはりチケット係員が言ってたのは、見づらい席だよってことだった。照明の一部が張り出してたしね。でも、結局何かが見えないってほどのことはなかったので全然問題なしでしたよ、と。

さて、選んだお題目は『kinky boots』。数年前に映画になってたやつね。ブロードウェイ、英語がわからなくても楽しめるとはいうけれど、やっぱりある程度予備知識あるやつがいいなーと思ったので。最初『once』にしようかと思ったけど今日の上演がなく、『jersey boys』も気になったけどね。さあ、いよいよ上演開始!

素晴らしかったわーーーーー! これが本物のショービズかーーーー! 大感動。迫力のダンスと歌と、パワフルな役者陣とユーモア、劇場全部が一体感に包まれて、ひとつの舞台を作り上げる感じ。これを見たら、いつか私もあのステージに立ちたい!って思うのも当然だわ。ほんとすごかったーーー。そして、筋を知っている演目を選んでほんとうによかった。やっぱりセリフは聞き取れないことも多かったし、みんなが笑ってるのについていけないこともままあった(一部、ただのオーバーリアクションに笑ったりしてる軽い感じもあった。アメリカっぽいというか、関西っぽいな、なんとなく)。でも、大筋は理解してるから話に乗り遅れることはなかったし、各キャラのすごさもわかったし。主演のローラを演じた彼、素晴らしかったなー。チャーリー役の彼も、その彼女になる彼女も。

ブロードウェイが楽しいと言われるのがよーーーくわかりました。これは次に来る時もなんか観たいわ。ニューヨーク、奥深いな。このレベルのショービズは東京にはないね。
[PR]

by april_hoop | 2015-01-11 00:00 | 旅情 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://aprilhoop.exblog.jp/tb/23371306
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< NEW YORK AGAIN 18      NEW YORK AGAIN 16 >>