2014年 08月 24日
札幌アート&グルメ_02
c0160283_2274017.gifc0160283_2275398.gifc0160283_228564.gif芸術祭散歩は続きますよー。
札幌国際芸術祭2014

チカホを抜けて外に出て、次の会場にウォーキング。気持ちの良い晴天が広がる中、大通公園をてくてくと。8月だというのに30℃を下回っていて快適そのもの。公園は広く、あれ、イサム・ノグチの遊具まであるじゃん!と滑り台で子供追いやる勢いではしゃいだり、なんていいところなんだ札幌。ランニングしたいぞ(今回は時間の都合でランシュー持ってこず)。

たどり着いたのは札幌市資料館。これもまた古い洋館でいい感じ。まず1FのSIAFカフェでひとやすみ。コーヒーうまー。内装もゆったりしてていい感じ。2Fはワークショップっぽい展示があって、「とくいのぎんこう」なるものが。これ、個々人が得意なものを紙に書いて預けておいて、それを見た誰かが引き出すことによってコラボレーションを誘発しようってものみたい。子供達がけっこう参加してて、絵が得意とか、水切りが得意とか、そんなのがあったような。館外には、「ころがる公園」なるものがあって、これは子供限定のゾーンで、YCAMが作った楽しげなオリジナル遊具がたっぷり。大人も入りたかったなー。全体的に地元っ子重視なエリアだったかしらね。あ、あと、作品じゃないけどなにやら昔の法廷が公開されてたっけ。法服のコスプレもできたらしいけど、今回は遠慮しておきました。本音は着てみたかったけど。

さらに歩いていく途中で、D&DEPARTMENT SAPPOROにお立ち寄り。ここで一目惚れしたのが、高橋工芸さんの鍋敷き。「ベーグル」っていうその名の通り、穴の空いた円形で、木の種類も4つくらいある中からチョイス。鍋とかおいて、焦げ目によってベーグルっぽくなるらしいので、使うの楽しみだなー。高橋工芸さんは旭川の木工メーカーだそうで、主に北海道産の木材を使ってテーブルウェアや木の小物を作っているそう。他にも素敵なアイテムいっぱいだったなー。そしてHPの取り扱いショップ見たら超ワールドワイドでびっくり。世界に発信するメーカーだったとは〜! いい買い物できました。

ほくほくと進んで、近代美術館の目の前、「携帯電話と石器を交換する」という作品へ。小さなテントで受付していたこれ、文字通り携帯電話を石器と交換するプロジェクト。あのぉ、と尋ねると、交換しますか?と促されるまま交換。石器は20個位ある中から選べた。直感的にしっくりきたやつを選び、携帯はそこに置いていく。石器は北海道で見つかった、本当に価値のあるものらしい。落としたりしないようにと注意を受けたせいもあり、ポケットの中の石の塊は妙に存在感を放つ。ケータイより少し重いくらいだけど、それ以上の重み。普段、ケータイにいろんな情報を詰め込んで歩いているけれど、本当に重いのはどっちなんだろうと考える。そして石ころとさして変わらないようなものを持ち歩いている自分が少し滑稽にも思える。もちろん、ケータイを手放したりできるわけもないのだけれどね。

交換所の人に、なんか石器が取れるらしい場所に行ってみては?って案内されたけど道を間違えたらしくそこにはたどり着けませんでした。30分ちょっとそこらを散歩して戻ってきて、石器を携帯電話に交換。アートって、突然斜め上から思考を落としてくるから面白いです。

札幌アート&グルメ 01 02 03 04 05 
[PR]

by april_hoop | 2014-08-24 00:00 | 旅情 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://aprilhoop.exblog.jp/tb/22959932
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 札幌アート&グルメ_03      札幌アート&グルメ_01 >>