2014年 05月 25日
慶良間ブルー・インパルス!_05
c0160283_22241762.gifc0160283_22242523.gif朝イチで阿嘉島を出て、来たルートを戻るように阿波連港へ。港からは送迎タクシーで渡嘉敷港へ(有料)。そして高速船で那覇へ。本来、阿嘉島から那覇行きの高速船もあるんだけど、GW明けの閑散期だからメンテナンスで運休中なのだ。オフシーズンだとこういうこともあるんですね。実際、島内もマリンショップとかけっこう休んでたからね。そういう時期なんだね。いちばん狙い目のシーズンはいつなの?って聞いたら梅雨明けから7月上旬だってさ。夏休みど真ん中で混雑にうんざりするぐらいなら、無理矢理有休取ってでもピークずらしたほうが賢いね。

さて、11時には那覇に戻りまして、慶良間諸島シリーズは終了てことで、レンタカーして一路、沖縄本島北部へ! 目指したのは国頭村の、カフェ水母さん。水母と書いてもクラゲって読むとは知りませんでした。同じやんばるにある山甌さんの2号店だそうです。もうね、立地がすばらしくて、目の前どどんと太平洋! あいにくの雨だったけど、それでも解放感は十分ですわ。絶対窓際カウンター席を確保したいね。

建物もエキゾチックなんだけど、ほとんどオーナーとお仲間によるセルフビルドなんだって。実はここ、宿を開いてたところ2年前だかの台風でやられてしまって、イチから作り直して、カフェにしたんだって。家具も手づくり、ペンキ塗りも手づくり、もちろん料理も手づくり。畑だってあるやら野菜もとれたて。どこまでも自然と共存するスタイルなのです。近隣の作家さんやら、農家さんやらのアイテムを販売してるのもいい感じ。お隣には、3部屋のお宿も併設してて、これまた海を一日中眺めていられるベストロケーション。気が向いたら海に入り、飽きたら部屋に戻って海を眺め、お昼はカフェで潮風に吹かれながら。素晴らしい日は約束されたも同然だね。沖縄本島も、ここまでくると回りはなんにもないから束縛されることなく自由に自分を解放できるわ。

そして、なんと道すがらでヤンバルクイナも発見できたー! とことこと道路添いを歩いてて可愛かったなー。ちなみに道路の至る所に、ヤンバルクイナに注意って標識でてます。確かに急に飛び出してきそうだからねー。

ということで、2泊3日の慶良間諸島弾丸ツアー、大満喫でした。沖縄、まだまだ知らないところ、行ったことないところがたくさんあって奥深いぜー。
[PR]

by april_hoop | 2014-05-25 00:00 | 旅情 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://aprilhoop.exblog.jp/tb/22263633
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 葉山の海はひと味違う      慶良間ブルー・インパルス!_04 >>