2013年 08月 21日
夏休みは瀬戸芸で2013-12
c0160283_8325739.gifc0160283_83371.gifいよいよ島とアートをめぐる旅もフィナーレが近い。すでに16時半近く、最後の目的地は福田港そばにある廃校となった学校に作られた福武ハウスなんだけど…、17時でクローズなんだよな。間に合うのかこれ? 間に合っても観れるのか?
Setouchi Triennale

ギリギリセーフ! 到着したのは16時50分くらいで断られるかと思ったけどすんなり入れてくれたー。建築は西沢立衛が手がけたって話だけど、大がかりなリノベーションとかはされていなくて、どこでかかわってるのかよくわからなかったは。で、この福武ハウスはこの夏会期からオープンで、これまではいろんな国内外のギャラリーから展示が集まってたけど、今後はアジアに焦点を絞っていくみたい。これ歓迎。アジアのアートが楽しい気がしているので。

そして実際に楽しかった! 教室ごとに展示がされていて、アジア出身のアーティストたちのインスタレーションがなされていました。香港、ソウル、バンコク、ジャカルタ、シンガポールと各国から集められていて。写真撮影はNGだったので記憶に留めるのみだけど、見た目華やかあり、考えさせられるものありのバリエーション豊富。階段の壁にもペイントがあったり、楽しかったな。ぜひこの先訪れる人は立ち寄ってほしいわ。ここだけエリアが随分離れているけど、それでも行く価値あると思います。体育館もあわせてアジア食堂になっているみたいだし。時間切れでもちろん今日は入れなかったわけですが。それから最後にもうひとつ、福武ハウス脇にパビリオンも。これは、去年ロンドンで見たサーペンタインギャラリーを思わせる作りだったな。

ということで、小豆島を無理矢理横断完了! やっぱ1日で回るのは無理あったなー。宿泊して2日かけられたら全作品ゆっくり観られたんだろうけれどもまあ仕方ないか。レンタカーはここ福田港で乗り捨て返却。スタッフの方が来るのを待ちつつ、港の食堂でおつかれの一杯&イカヤキとタコさし。かぁ〜、こいつが染みるねぇ! そして嬉しいサプライズ。ガイドブックで調べてたら船は19時半発とかだったから1時間半くらいぼーっと過ごさなきゃいけないと思っていたんだけど、増発便が18時20分だかに出るっていうじゃない! わお、お盆だからかしら。これ幸いと1時間出発を早めました。

船は大型フェリーで、すんごいキレイで快適シート。増発しているわりに空いててのんびり。出港から間もなく夕暮れがやってきて、デッキから沈み行く夕日とやっぱり穏やかな瀬戸内海を眺めながら缶ビールをプシュッとね。いやー最高。あとは寝てたらあっという間につきましたよ姫路港。港からは姫路駅までバスで30分。駅前がなんか知らぬ間にすんごい変わってて謎のウォーターフロントとかできてるのね。で、駅前ビジネスホテルにチェックインしてバタンキュー。あー、ついに終わってしまったよ、オレの2013瀬戸内国際芸術祭夏がー!
[PR]

by april_hoop | 2013-08-21 00:00 | 旅情


<< 夏休みは瀬戸芸で2013-13      夏休みは瀬戸芸で2013-11 >>