2013年 08月 10日
夏休みは瀬戸芸で2013-01
c0160283_10464029.gif待ちに待った夏休み、旅に出ます。目的地は、3年ぶりに帰ってきた瀬戸内国際芸術祭。この一大イベントのため、ひと月前から綿密な計画を練って来たのです。よーし行ったるぜ、青い海と空と島とアートの旅へ!
Setouchi Triennale

朝6時の東京駅は、夏休み一色! 大きなカバンを持った人たち、元気いっぱいの子供たち、そんな風景に彩られた東京駅は楽しげで、同じく楽しげな僕はこのムードを歓迎したりしてしまいます(通勤の方々、申し訳ありません)。のぞみ号につるりと乗り込んで、いつものように新幹線はこともなげにスタートしていきます。遠出なのに、飛行機の大仰さがない新幹線のこの感じがとても好きです。そういえば、この電車は、3年前に瀬戸芸を訪れたときと同じ電車な気がします(ダイヤが変わってなければ)。気付けば、かぶってきた帽子も3年前と同じです。

3時間強の新幹線を半分眠り、半分読書して過ごし、これまた夏休みムードに包まれた岡山駅で乗り換え。岡山駅も瀬戸芸推し一色で、これは3年前にはなかった風景。さらにひとつローカル線を乗り換えて、宇野線にのると、社内中吊りの類いがすべてアラーキー撮影の写真に! そう、これもアート作品なのです。突然にアート旅の幕が切って落とされた! といっても、思ったほどのインパクトはなかったのですけれど。なんだかルミネの広告みたいな写真だったな。窓外には3年前にもおそらく見た懐かしい景色。なんだか記憶を再現しているような、追憶をめぐるような、そんな旅で楽しいです。同じところに2度、3度足を運ぶ楽しさって、こういううすぼんやりした記憶に新たな色彩をつけたり、当時の感情がよみがえったり、ってところにありますよね。同乗者はみんな瀬戸芸行きの人に見えます。だってそこかしこでガイドブックを開いているから。そうこうしているうちに、ほどなく宇野駅に到着しました!

前回はあくまで島への玄関でしかなかった宇野が、今回は作品数も増えて盛り上がっている! まずはコーヒーでも飲もうかなと駅前を歩くと、すぐに作品に巡り会う。これも電車のと連動したアラーキーの作品だ! ここで前売り券をパスポートと引き換える。パスポートホルダーは越後妻有のやつを持ってきたので、密かに芸術祭コラボをキメる。受付のおばちゃんがいい人で、大きい荷物を置かせてくれたのでお言葉に甘える。アラーキーの写真は、よく見ると恐竜やは虫類と人形が黒バックの中で融合していて、独特の迫力と艶やかさ。この作り込みは誰がやっているんだろうな。2階にも別の作家の写真作品がある。これもすごい好みだった。宇野は、写真作品たちで埋められてて、野村佐紀子さん(絶品!)や、佐内正史さんの作品(哀愁!)が展示されていた。この統一感いいね! あと、町の人たちから集めた写真展示も港の歴史が収められててよかったし、ふと見上げたら港にはアラーキーの写真が引き伸ばされて建物のあちこちに貼付けられてた! すごい! 楽しい! 宇野から入るのオススメ!!! 

宇野ルートを選んだのはもうひとつ理由があって、ボラードさんというお店に寄りたかったから。お世話になった方の知人さんが今年の6月にオープンしたお店で、コーヒースタンドと生活雑貨のお店だそう。元倉庫だったかな、を改装していて、白基調の清楚でとても気持ちがいい空間でした。ご挨拶させていただいて、周りを見ると、あ、行きの電車から一緒だったオシャレ兄貴がいるなーと思ったら、こちらは三軒茶屋のカフェオブスキュラさんのスタッフさんだそう! ボラードさんに豆を卸しているご縁だそうで、オブスキュラには僕も行ったことあったので不思議なご縁がつながりました。うわ〜なんか嬉しいサプライズ。コーヒーも超美味しかったしね。

ということで、宇野についてまだ1時間ほどなのに超〜楽しいんですけど! 前回は歩かなかった町中もいい感じのレトロ田舎具合で、そのムードがとても気持ちいい。そろそろ島行きの船の時間が近づいてきたので港へ。懐かしのチヌの作品にあいさつをして、船の整理券を受け取って、作品でもあるカフェでランチボックスを購入。船で食べるんだもんね〜。子供がなにやらビラ配りをしている。町の人たちがこうして芸術祭にかかわっているんだな。序章にしてすでにトップギア。旅はまだ始まったばかりです。
[PR]

by april_hoop | 2013-08-10 00:00 | 旅情 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://aprilhoop.exblog.jp/tb/20635241
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 夏休みは瀬戸芸で2013-02      美食百花dish142_サンド... >>