2013年 03月 25日
イージーオーダーしてみた
c0160283_97266.gif少し前に、フォーマルな礼服を用意するにあたり、なんでか三越のイージーオーダーで仕立てることになった。なんでもよかったのだけど一生着るものにするにあたり、百貨店で作ってもらう方がよいのかなと思いまして。なんで三越にしたかと問われたらなんとなく老舗っぽいから?としか言えないレベルで、比較検討はまるでしてません。今思えばバーニーズとかにすればよかったか?

初めてなのでどうやるんだろうと興味津々。まずは生地選び。見た目と手触りだけで選ぶ。最終的な仕上がりイメージがわからないのでけっこう迷うが、とりあえず肌触りがよく発色が綺麗そうなものを選ぶ。それから採寸。肩幅、腕の長さ、胸回りにウエストに腿周りに股下などなどひと通り。自分の体型は人と比べてどうなのか統計上のポジションを知りたいなー。

ついで型を選ぶ。フォーマルで長く着ることが目的なので、とんがったデザインは不要。なるべくシンプルなもので20年着られるように(体型は自分で責任持つので)という要望を出して、サイズ感見つついくつか試着していく。あわせてさまざまなディテールをチョイス。ボタンの数、スリットの入り方、ポケットのタイプ、などなどなどなど。なんだけど店員さんがベテランでさらさらとリードしていく。フォーマルだったらこれでいいですね? あ、はい。みたいな感じであまり逡巡するひまはない。一個一個そのディテールはどういうスタイルなのかってのを検証できなくてなんとなくちょっと不安もありつつ、オーダー終了。30分くらいでできたかな? して3週間後、できあがりを取りに行って試着。

なんじゃこりゃー! 出された瞬間、着るまでもなく「こらあかん!」と思いました。ラペルがめちゃくちゃ太かったから。いくら20年着られるものといっても、これは20年後しか(いや、それも無理かも)着られないわと思ってしまった。試着してみるとパンツも太すぎるしこれはちょっと大変なことになってしまったぞ…。「いかがですか」と言われても絶句。なんでこんなことになってしまったんだろう。作ったときのことよく憶えてないけど、試着したサンプルはこんなんじゃなかったよね? あれ、どうだったかな? ちょっと感情的になりながら「あの…すみません、これって今から直せるんですか?」と聞いてしまう。戸惑う店員さん。オレも混乱。

しようがないから、自分に非があったかどうかは棚上げして、デザインが好みではないことを改めて伝える。最初に担当してくれた方は今日はいないみたい。対応してくれた方も、さすがにこのデザインは30代の方にはちょっとあれですよね、なんつって一定の理解も示してくれた。改めて採寸されつつ同年代か年下の店員さんが新たについてくれて、デザインと直し部分について相談をし、試着を重ねて、ジャケットは作り直し、パンツはサイズ調整ということになった。うわーなんか超ワガママ言ってしまった…。自分の手落ちかもしれないのに。これがいわゆるクレーマーか。

さらに2週間後、できあがったスーツはばっちりOK。サイズもデザインもぴったりで、なるほどオーダーするよさも感じました。がしかし後味悪いというか、反省点が多い経験だったな。。勝手なことを言いますが三越さんの対応は完璧だったと思います。こちらに非があるかもしれない(というかあっただろう)にもかかわらず、感じよく対応して頂いて、最終的にこちらの要望をすべてかなえていただきました。百貨店が景気よくないみたいなことは聞くけど、その一方でこういう社員さんの教育っていうのは三越に限らずそれなりにちゃんとなされているよなーと時々思います。と、無理矢理百貨店を持ち上げて逃げる感じですみません。でも本当にそう思ったんですよ。せっかく作ったスーツなので大事にしたいと思います。
[PR]

by april_hoop | 2013-03-25 00:00 | 物欲 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://aprilhoop.exblog.jp/tb/19735531
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< カメラ日和      美食百花dish131_ネパー... >>