人気ブログランキング |
2012年 12月 23日
美食百花dish125_これが星付き焼き鳥の味か!
c0160283_1991384.gif日頃の鬱憤を晴らすかのように外食を続ける三連休☆ 向かったのは、錦糸町の焼き鳥屋さん、「とり喜」。ここ、なかなか予約が取れないのですよ。なぜなら、ミシュランガイド2010年で1ツ星の評価を受けたから。いざそのお味を、わっちも採点しちゃおうじゃないか!と1か月くらい前に電話したら予約できました。基本、予約の受付は17〜18時までに揃う人の分と、だいたいその2時間後くらいの仮予約で、席が空き次第連絡をくれるという方式。わざわざ当日のお昼に確認の電話かけてきて、20時頃の予定ですので大丈夫ですね?と念押されました。ちなみに電話をもらってから45分後くらいに着くちょい前にもう一度電話きて、「お店の場所はわかりますか?」という丁寧な応対。本音は速く来いだったと思います。すみません遅くなって!
ぐるなび - とり喜

カウンターと、小上がりがひとつという小さな店内で、カウンターに陣取る。お肉8種、野菜4種のおまかせコースにするか迷ったけど、そんなにお腹空いてなかったので、単品でいただくことにする。さびやき、ちぎも(レバーのこと。超ーーーーー美味かったつーか、これはほぼレバ刺しだろ!っていうレア感。ああまたあの食感に出会えるなんて!)、あいがも(ジューシー!)、はつ(これまたはつの概念を覆す美味しさ)つくね、アスパラをいただいたけど、これが星の付くレベルか。今まで食べたどの焼き鳥よりも美味しいわ。

焼いてる大将は見たところまだ若くて、30代半ばか後半かっていう感じ。ウチワであおぎながら、お客さんの食べ具合を横目に見ながら焼き続ける。スタッフにはけっこう厳しそうで、職人ていう感じの独特のとっつきにくさがあるぜ。でも箸休めの大根おろしが出てきたり、ひと皿ずつちゃっちゃと下げてくれたり、サービスレベルは高い。ただし、僕が上等な店に慣れていないからかもしれないけど、ちょっと客を緊張させるというか、ただでさえ狭いうえにスタッフがこうも右から左からぶつかりながら手を出されるとあんまり気が休まらないんだよなー。もう少しスマートにやってくれたら最高なんだけど。カウンターだけに距離が近いから動きが全部見えちゃうしね。いやでもホントに美味しいんだけどさ。

最後のきじ茶漬けを頼んでシメ。これまた最高に美味しいじゃないっすか。いやー大満足の味。なかなか予約が取りづらいのも納得です。辺鄙な場所だけど足を運ぶ価値ありだと思います!

by april_hoop | 2012-12-23 00:00 | 美食


<< 美食百花dish126_四川料...      美食百花dish124_パンと... >>