2012年 11月 15日
ネオテニーガール酒井景都
c0160283_1085036.gifc0160283_109150.gifモデル、ミュージシャン、デザイナーなどなど多数の顔を持つ酒井景都ちゃんの初めての個展があるというので駆けつけましたよ@ROCKET(原宿の路地裏の裏にあって迷ってしまったよ)。それは人魚姫を題材にした水彩画の展示なのでした〜!
ROCKET, 38.  酒井景都 初個展 "neoteny girl"...

タイトルは「neoteny girl ガーリーを通過した僕らの淡く切ない静寂」。neotenyもまた初めて耳にする言葉でした。wikiによるとその意味は「動物において、性的に完全に成熟した個体でありながら非生殖器官に未成熟な、つまり幼生や幼体の性質が残る現象のこと」だそう。生物学用語だと思うので一般的に用いるものではないけど、おそらくこの展示においては、大人でありながら少女の要素を宿している、というニュアンスでとらえていいのではと思う。そう考えると、景都ちゃんにはぴったりあてはまるようにも思うな。実際にお友達に「景都はネオテニーだよね」って言われたところからこの言葉を使うことになったそうだから。

さて、人魚姫を題材に描き下ろしたという水彩画たち、とてもキレイで可愛らしかった。ネオテニーっぽい要素も感じられる。大人でありながらどこかに危うさや心細さを匂わせた佇まい。それでいてある種の色気も含んでいる。それは色使いや人物の表情、衣装など画面全体から伝わってくる個性だ。淡いのだけどそれは今にも消えてしまいそうな儚さではなく、淡いままで完成されているのである。そこにブレというかゆらぎのようなものはあまり感じられないのが不思議なところ。この絵は12月には音楽付き絵本として、iPhone&iPadアプリとしてリリースされるそうなのでそっちもDLしてみよっと。

去年あたり一度体調を崩してお休みをする間、たくさん絵を描いていたそうだ。イメージがすらすら絵に落とせるというのはとても羨ましいな。なかでもリボンなどとコラージュされた大きめの作品2点は心惹かれました(写真右もそう)。これも手の動くままに作ったんだってさ。スゴイね。同じ時期に、新しいブランド「K ando Kate」もデビューさせてたのでそちらの展示会もチェック。コルキニカよりも大人っぽいクラシカルな、それでいてネオテニーなラインナップ。展示していたイラストをプリントしたカットソーなんかもあって、景都ちゃんの中のコアがいろんな形で重なり合いながらアウトプットされてて素敵だなー。ブランドのKはカワイイのKだそう。大人になっても消えない「カワイイ」の感覚。単なるイメージリーダー以上の存在として、景都ちゃんから目が離せません。久しぶりにお会いできて超眼福でした←これがいちばん言いたいw
デザイナー酒井景都の新ブランド「K and Kate」2013年春夏コレクション公開 | ニュース - ファッションプレス

3月には景都ちゃんセレクトによる雑貨店もオープンするとか。楽しみ過ぎる!
[PR]

by april_hoop | 2012-11-15 00:00 | 文化 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://aprilhoop.exblog.jp/tb/18826543
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 写真力を生むのは人間力      しずりしずり、森ガーリー >>