2012年 09月 14日
噂のファーストキャビン潜入!
c0160283_145438.gifc0160283_1451319.gif(更新が2週間ぶりとかでリカバリできるか不安…)
てのはおいといて、沖縄出張〜!だったのですが、出発が始発で間に合わないレベルの早朝便だったため、前泊することに。ちょうどこの「ファーストキャビン」なるものに泊まってみたかったがため。高級版カプセルホテル的なもので、どこぞのネット記事でみて、あ、京都に確かあったやつだ!とか思ったんだけど、それは違ったnine hoursだったわ。似てちょっと非なる感じかな。こちらのファーストキャビンは、いわゆる簡易宿泊所。ホテルのように部屋は個室ではなく、ロールカーテンみたいなので間仕切りしただけのカプセルホテルのアップデート版みたいなもの。清潔でスタイリッシュ、機能的かつホスピタリティをウリにして、なかなか好調らしい。気になるところだったので試すにはよい機会でしたわ。
ファーストキャビン FIRST CABIN ~飛行機のファーストクラスをイメージした新しいコンパクトホテル〜

web予約を入れていざ! 羽田空港店は第一ターミナル内。翌日早朝出発にはこれはありがたい。フライト30分前に起きても(すぐに出れば)飛び乗れるレベル。フロントでチェックインして、システムを説明してもらう。ここから先は男女完全にセパレートで(銭湯的な)、ルームキーがないとドアの先に進めないようになっている。部屋タイプは、ファーストクラスとビジネスクラスのふたつで、僕はファーストクラスをチョイス。こちらはベッドスペースにプラス少しの空間がある。ビジネスのキャビンを覗くとベッド、以上!て感じだった。フロントの対応はスマートで悪くなかったよ。館内無線LANも入っているし、このあたりはよくマーケティングされてる感じ。

シャワールームと、お風呂がついていて、お風呂のサイズはまあまあ大きくてちょっとしたスポーツセンター的な感じ。とてもキレイで、これは嬉しい。シャワーブースもあるので、ささっと済ませたい人にも対応してる。あとはラウンジで軽食売ってたりなんやかやは、ビジネスホテルと同じ感覚かな。で、いちばんのポイントは部屋に鍵がかけられないこと。荷物はベッド下の鍵付き引き出しに入れるしかないけど、ほんと引き出しなので、厚みのあるものは入らないね。貴重品とかはしまっておけるけど、大物に関しては放置するしかなさそう。ちょっと抵抗あったね。ま、スーツケースとかできてたらそれをちゃんとロックしておけば大丈夫なのかな。ゆってもトイレとお風呂くらいしか部屋を出ることもないか。

それから、ロールカーテンしかないので、防音はできていません。なので、遅くなったらあんまり物音立てないようにするのはお互いの暗黙のルール。とはいえ、ごそごそ小さな音はなにかしら聞こえてきちゃうんだよね。眠りを妨げるほどの騒音はなくて幸い。まあみんな嫌な思いしたくないのは一緒だから普通の人は自粛するわな。日本人らしさが生きている気がする。僕はビニール袋ちょっとがさがさしちゃってホントごめんだったよ。ケータイの通話禁止はもっともだけど、目覚ましのアラームも駄目と書かれてたが、それは無理だろ!って感じ。早起きする人たちが多く泊まりにきてるだろうに。てことで普通にセット(他の人のも鳴っていたし)。ものすごく身近においてすぐ止められるようにしておいたわ。おかげで寝過ごさないようにとなんか気を張ってしまって安眠妨げられた気も少々。

そんなこんなで、アリかナシか、ですが、まあアリ。今回みたいに電車がないor止むに止まれぬ事情があったのならまた使うと思う。けど、それ以外はわざわざここ選ぶ理由はないなー。安くもないし、ね。てな感じですので興味ある人はぜひ試してみてー。
[PR]

by april_hoop | 2012-09-14 00:00 | 閑話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://aprilhoop.exblog.jp/tb/18497966
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 石垣島に愛されて      鉄人が去る日 >>