2012年 09月 02日
感動_越後妻有アートトリエンナーレ2012の2
c0160283_9495758.gifc0160283_9502183.gifc0160283_9501379.gif芸術祭の旅はまだ始まったばかり! どんどん行くよ〜と津南方面へとハンドルを切る。まずは3年前に痛くお気に召した「津南のためのインスタレーション-つながり-」へ。3年前に魅せられてもともと好きだった作品に、今年は地中にも作品「地中でそっと暮らしているもの」が追加されこれがまたシンプルでわかりやすいけど、打ち捨てられたものたちが地中で眠る姿がなんとも趣き深くてますます好き! それから2年前だかに作られたという、小中学生の悩みが書かれた紙がぶら下がっていて、来場者はその問いへの回答を書いて同じく吊り下がった瓶に入れておくというのも面白かった! 子供達の悩みがいい味出してんのよ。「どうしたらホームラン打てますか」もあれば、「世界に国はいくつありますか」とか、「いいダイエット方法を教えてください」とか、かと思えば「兄がよくキレます。立ち向かうと負けるのでどうしたらいいですか」なんていう本格派?まで。楽しい時間を約束できます。オレも一丁アンサーしちゃうよと思って目をつぶって取ったそこには「朝すっきり目覚めるにはどうしたらいいですか」by36歳男、っておっさんかい!

そのすぐ近くには「建具ノモリ」があって、にんじんペーストがかかったかき氷をモグモグ。にんじんの甘み、かき氷にえーやん! さらに予定には入れてなかったけど、「つながり」で受付してたこへび隊(説明しよう。芸術祭を支えるボランティアスタッフの名称である)がオススメといっていた本間純の「見えない村を目印にして」を見に遠回り。これがギミック効いててユニークでよかった! 風景の写真を撮りその写真を人型とかにカッティングして、同じ風景の前に置くという。単純だけど不思議な効果で、錯覚じゃないなんとも言えない視覚体験をくれる。これは説明しても写真見ても伝わらんな。ぜひ現地へ。いやはやおもろいわー、アートって。とか言っている間に時間はどんどん過ぎて行く。慌ててマウンテンパーク津南をのぼる。途中「かささぎたちの家」をチェックしつつのぼると…。

ぜひ観たかった「在るべき場所」登場! 田んぼの中のあぜ道にたつ看板には、世界中のさまざまな土地の名とそこまでの距離が記される。プラハ、ロンドンといった地名もあれば、オホーツク海、パルテノン神殿なんてのもあり。さらには猿の惑星↓0km(つまりここ)なんて架空の土地も記されてた! これ、その地点と同じ緯度または経度をたどった場所だそうだ。思わぬルールで世界と世界はつながっている。がしかしその看板という記号がそこにあることで果たす意味とは? とも考えさせてくれるのです。予想よりはるかに多くの看板が並んでいてついつい端から端まで観てしまったよ。ついでにここの棚田も美しかったよ。お空とのコントラストがよくてさ。お隣の作品「タイム・トンネル」も予想に反して面白かったので、ここはおすすめスポットだわ。

いよいよ時間もないし、とりあえず一気に頂上まで登る。リフトの頂上部、展望台になっているそこには、小さな雪山とリフトのジオラマのような作品「山の頂へ」が。悠然と下界を見下ろすその場所でゆっくりと回るリフトは、なんだかそれゆえに時間を止めてるような気がしてこれまた不思議な感覚になったわ。そしてこれまた河岸段丘の眺めが素晴らしかった。やはり大地の芸術祭の素晴らしいところはアートをフックにしながら、こういうそもそもこの土地にあった景色に気づかせてくれることなんだよね。

下りがてら「カモシカの家族」「0121-1110=109071」など過去に一度観ているやつをクルマから眺めドラゴン現代美術館でアン・ハミルトンのインスタレーションを拝見するがピンとこず。夢中になりすぎて、すっかりお昼を食いっぱぐれてたことに気づいて、さらに下った東アジア芸術村が展開する「ドラゴンカフェ」でお昼にすることに。ルーローハンなる肉丼みたいなのが美味しかったよ。あと自家製ジンジャーエールも、甘すぎず辛すぎずでグッド! 作品もなかなかクールだったし、駐車場には「時を越える旅」もあったよ。いやーまだ予定のほんのちょっとしか消化できてないのにもう14時回ってるよ…どどどどうしよ。。

大地の芸術祭の里
[PR]

by april_hoop | 2012-09-02 00:00 | 文化 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://aprilhoop.exblog.jp/tb/18430728
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 感動_越後妻有アートトリエンナ...      感動_越後妻有アートトリエンナ... >>