2012年 06月 15日
ドラマ_鍵のかかった部屋(6〜9話)
c0160283_20561311.gif一応観続けております、月9ドラマ『鍵のかかった部屋』。でも特におもしろくないです、残念ながら。でも、滅多なことでは途中で投げ出しませんよ、僕は!
鍵のかかった部屋 - フジテレビ

6話、劇場の楽屋で起きた殺人。鍵は空いているが、舞台上演中にこの部屋に入れるのは劇団員だけ。しかし彼らにはアリバイがあった。ここまで毎話3秒くらいしか出番がなかった能年ちゃんについに出番が〜。でも大した役じゃなかったけど。ようやく長時間お顔を拝めました。うん、かわいい。けどやっぱ弁護士秘書役ってのが無理ある〜。もうちょっと実年齢に近いナチュラルなところを見たいです。お芝居は普通にできてる気がしましたけどどうでしょうかね。それから犯人として登場したV6坂本! アイドルとは思えない感じになっててなんか良かったな〜。

7話、長野県の築100年の家で、娘が殺された。玄関は施錠され、1Fの窓だけが空いていたが、そこには犯人が逃走した形跡はない。一体誰がどうやって娘を殺し、逃走したのか。オカルトをちらりと絡ませる『ガリレオ』的なエピソード。だいたいにして人間関係のもつれが動機となった殺人が多いのだけど、1話ではその辺の深みが出ないんだよなー。密室トリックに重きがあるわけでもないし、なんとなくどっちつかずなのが盛り上がらない理由だと思われる。

8話、人気漫画家が殺された。現場は密室。合鍵を持っているのはアシスタントふたりだが、彼女たちにはアリバイが。そして玄関には被害者以外にはなつかなかった犬。その犬が吠えることなく侵入するのは難しいというのも密室として成立させる条件になっていた。ってさ、犬を黙らす超音波の存在が早々に出てしまってましたからね…。MEGUMI対岩佐真悠子という往年のグラビアン対決は面白かったけどね。あと志田未来ちゃんがいつの間にか大人っぽくなっていてびっくり。ユイルスこと市川由衣たんみたいだった。

9話、とある貿易会社で、立て続けに銃による自殺が起きた。どちらも外部から侵入することはできない。警察は自殺と断定するが…。今度は哀川翔さんと岩松さんというシブいコンビとは、このドラマのキャスティングの人、楽しんでいる感があるなぁ。楽しいだろうなぁ。てのはさておき、これも人間関係の掘り下げが薄いので全然盛り上がらず。というか、これを言っちゃおしまいだろうけど、警察はもう少しがんばったほうがいいと思う。

うーん、しかし榎本の過去はさっぱり触れられなくなってきたな。あと何話かしらないけど、まさかスルーしたりしませんよね?
[PR]

by april_hoop | 2012-06-15 00:00 | 映像 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://aprilhoop.exblog.jp/tb/18114547
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< NBA FINALS 2012...      NBA FINALS 2012... >>