2012年 05月 01日
韓国家族旅行_02
c0160283_12302970.gifc0160283_12303982.gif釜山空港で出迎えてくれたのは、現地ツアコンの李さん。韓国でいちばん多い名字は金(KIM)、次いで李(LEE)、そして朴(PARK)だそうです。釜山は港町で、福岡からだと船でも2時間半とかだそう(確か値段も安かったはず)。近いとは聞いていたけどそこまで近いんだね。道中、李さんはいろいろとお話をしてくれました。今年オリックスにきたイ・デホが前にいたのがここ釜山を本拠地にしているロッテ・ジャイアンツだとか、そのロッテ・ジャイアンツは日本の阪神タイガースばりに熱狂的なファンがいるとか、日本語は大学で専攻してたわけじゃないんだけど、沢田知可子の『逢いたい』が大好きでそれをきっかけに勉強を始めたとか、うんぬんかんぬん。

そんな話を聞きながら着いたのがチャガルチ市場というところ。ソウルでいった屋台だらけの市場を想像していたら、ここは築地的なリアル魚市場。鮮魚がばしばし売られてて、おやつつまみ食いとかそういうテンションではまったくなかったよ。夕方だというのに全然売れ残ってたけど、いたち誰が買うんだろう? お店? 一般家庭? 市場を抜けたらすぐに港。これが実に良い眺め。漁港の風景の先にはすぐ山がそびえてて、その雰囲気は神戸っぽい感じ。さらにそこに建つ家並みが赤青黄の屋根でなんだか可愛いのね。そしてやったらカモメがたくさんいて、それもなんか港感をあおってくれて旅情漂うわー。

お継ぎに向かったのはそこから5分くらいの釜山タワー。シンプルな塔を登ると、港町が一望のもとに。これまたとてもいい景色で、夕暮れの近づく釜山がすごく魅力的に見えたぜ。韓国第2の都市であはるものの、そこまで都会!って感じはしなくて、日本でいうところの地方都市っぽいな、って思いました。でもまあ繁華街とか見てないし、あくまで印象だけどね。ちなみに天気は曇りで気温は日本と変わらず最高気温20℃少々。長袖シャツ1枚で過ごしやすい感じ。塔を降りたらいよいよ陽がくれてはきたものの、日本よりだいぶ陽が長いです。19時でようやく暗くなるくらい。すでに日本の夏くらいか。

さて、夕食のお時間です。クルマを走らせること20〜30分、ヘウンデというビーチエリアの、「スジョングン」というシーフードレストランへ。海が見えるお席が売りの、モダンな内装したお店でした。出てきたのはお刺身、魚の天ぷら、その他もろもろ、という感じ。なのだけど、港町なのに刺身が全然美味しくない! ごはんにうるさい我が家の一同は口々に不平たらたら。他のツアー客とかお構いなし過ぎてひやひやするわ。でもま、ビーチの景色だけはよかったよ。ロケーション的には砂浜が小さくて沿岸に建物がずーっと続いて熱海っぽい。ただそれなりにネオンが光ってるので感覚的にはお台場ってところかな? で、ダイアモンドブリッジなるライトアップされた橋がキレイ。ここでは毎年10月に、大花火大会が行われるそう。2週間くらい続くみたいなんだけど、最大のときには1時間に13万発もぶち上げるスーパー派手な大会らしい。歴史はまだ浅いみたいだけど、それはすげー見てみたいな〜。あ、ちなみにMAXってビールを「マックスください」って言ったら「メックス?」って聞き直された。そういう発音ですか。

美味しくはなかったけど腹が満ちて本日のツアーは終了。今日の宿泊は、Paradaise Hotel Busan。特にパラダイスな感じはしませんでしたけど、必要十分なホテルでした。ホテル前のセブンでコーヒー買ってゆるゆると眠りにつくのでした。

by april_hoop | 2012-05-01 00:00 | 旅情


<< 韓国家族旅行_03      韓国家族旅行_01 >>