人気ブログランキング |
2012年 02月 29日
うるう雪
c0160283_7104480.gifオリンピックイヤーと閏年が同じ年だと初めて気づいた、と言った人にこないだ会ったけど、それはどうでもいいけどなんですかこの大雪はー! よりによって今日じゃなくてもいいのに。

写真は鎌倉の由比ガ浜。この雪原は、本来は砂浜です。東京よりも鎌倉の方が積雪が多かったように思うのですけどまさかこんな景色になるとは。普段、積雪することはあっても、だだっ広い雪原を見ることはないのですごく新鮮でした。観光地の鎌倉も、朝から雪が降り続いた今日は人手がさすがに少なかったよ。そりゃそうだろうよ。ここを犬が元気に駆け回ってたのが印象的ー。北海道かよ。

ロケはどうしても天候に左右されます。やっぱり青空が持つ強さってのはあるし、逆に曇り空だからこその憂いもあるし、雨なら雨でそれを逆手にとって素敵な傘とコラボレーションするのもいいかもしれません。外での撮影はあきらめて室内にスイッチすることもあれば、延期して予備日に撮影し直すこともある。まあいろんな条件ありますから臨機応変系なわけです。僕も長く雑誌にかかわってきまして、雨の撮影ってのも経験してますが(比較的降られない方だとは思っている)、雪は初めてですよ! まだまだ知らないことがありますなー。

ここまでの大雪だと逆に開き直れるってもんで、どうにも撮影にならないアポはキャンセルしまくって(相手はみなこの雪じゃね、と苦笑気味)パンパンだったスケジュールはゆるみ、クルーのテンションは不思議と高い(雨だとこうはいかない)。なんだか今日はもう何が起きても平気。やれることやろうぜ!っていう空気がちょっと安心させてくれる(けど現実的には外で撮れないのは痛かった)。急遽当日アポで撮影させてもらった場所も少々。そうそう、アマチュアカメラマンが多い鎌倉、お寺には雪×寺の鎌倉ではそう多くないシチュエーションに、情緒感じまくり写真家が大挙押し寄せておりました。撮影をキャンセルしたお寺にも言われましたよ「普通、雪ふるとみんな喜んで撮影にくるけどねー」。こちら、春の特集号なので雪写るのはNGなのです。

いやーしかし4年に1度の日にこんなこともあるんですね。帰り道、高速道路が除雪のため通行止め。帰京予定もずいぶん遅れたけど、それも含めて思い出深い撮影になりました。もっとも仕事的にはこの後が大変なわけですが、ま、それはそれとして。楽しめばいいんじゃないかと思います。さあ、明日からは3月。また新たな気持ちでがんばりますかー。

by april_hoop | 2012-02-29 00:00 | 閑話


<< 本と紙と、物語と_23      感想_アカデミー賞2012 >>