2012年 02月 21日
アソブチカラ
c0160283_5331486.gifさて、先日友人宅にお邪魔して鍋パーティを実施したわけだが、今年初ということで美味しかったし楽しかったのだけど、なんといっても子供たちと遊ぶのが楽しくて。6歳、4歳、2歳というプレ七五三なメンツが揃ったわけだけど、まあ徹頭徹尾遊ぶ・遊ぶ・遊ぶって感じで、なんだかリフレッシュさせてもらったわー。

この遊ぶ力というか、子供力というのか、すごいなーとただ感心。感心通り越して自分をちょっと顧みちゃうほどに刺激的だったわ。半日一緒にいたけどほとんど休むことなく、ごはんさえロクに食べずに遊び続ける。かくれんぼひとつにしても、大人の目線じゃマンションの一室じゃそれほど隠れる場所もないし楽しめないだろうと思うけど、全然そんなことなく何度でも大喜びで隠れ続けるんだよなー。なんてんでしょ、あの"信じる感じ"は見習うべきなんじゃないかって思う次第。疑わない。結果を恐れない。

CQ(children quotient)なんて言葉もあるそうだから、子供力ってのは大人なら誰でも感じることがある部分なんでしょう。子供の想像力、好きなものに一直線の感じ、集中力(持続しないけど)、好奇心、そういうの、大人も持ち続けないといけないよね。だってまさか逆立ちとか(写真)、手押し車とかであんなに喜ぶとは思いもよらなかったよ。ものごと、シンプル。好きかどうか、楽しむかどうか、そこに尽きるんだわな。そしてそこからまたかくれんぼへと再突入です。

もっともこれと24時間365日向き合う親御さんにしたら、そんないいもんじゃないと怒られるんでしょうけど。でもオレには新鮮で刺激的な時間でした。どうもありがとう。またヒゲおじさんと遊んでね。

by april_hoop | 2012-02-21 00:00 | 閑話


<< 本と紙と、物語と_22      MAISHA創刊、だけど。 >>