人気ブログランキング |
2011年 01月 14日
美食百花dish98_オカンのゴハンに恋して
c0160283_9551296.jpg近頃食堂がマイブーム。カフェみたいなんじゃなくて、ダイニングとも違って、居酒屋でもなくて。そんな理想の食堂のひとつが、ここ「ジャスミン食堂」。千駄ヶ谷と外苑前の間という、わりとなにもないエリア。明治公園そばです。
ジャスミン食堂

細い階段を下りた地下。扉を開けると広々した空間。地下という陰気さとか狭さはまったくなくて気持ちいい。奥を見ればオープンキッチンがあり、そこに並んでいる調理スタッフたちは……、おかんじゃん! そう、このお店は「お母さんの家庭料理」をテーマにしていて、実際に作っているのは年代さまざまのお母様たちなのよ。上は70歳から下は20代までいるっていうからすごいよね。そしてみんな特別料理人としてのキャリアがあるわけじゃなく、基本的に家庭でつちかってきたものを活かして作っているんだとか。そういうわけで、もちろんノーレシピ! ビバ目分量! さすがおふくろ!

てわけでお昼に並ぶのは30品にも及ぶ家庭料理たち。鮭のホイル焼きとか、ほっけとか、からあげとか、メイン的なものはお肉、お魚とも3種類ずつ、そして玉子焼きとかかぼちゃの煮付けとか、嬉し懐かしの小鉢たち。おでんやカレーなんてのも並んだりして、好きな皿をとってってお会計するセルフ方式。これらメニューは全部週替わりだっていうから、毎日来ても飽きませんな。もちろん味もバッチリ。こういうのって、なかなか一人暮らしだと味わえないからなー。居酒屋メニューはありきたりだし、チェーン系の食堂だとたとえ同じメニューでもなんとなし味気ないし。ああ、本当にこういうお店が会社の近くにあればいいのに!

夜はちょっと趣を変えて、アジアン要素を入れたダイニングに。でも前にひとりで行って、定食食べたいよっていったら、あるもので夜定食1500円で作ってくれたよ。肉と魚、どっちがいい?って聞いてくれて「サカナー」っつって。そう、なにがいいってこのコミュニケーション感なのね。お昼もそうだけど、カウンターの向こうにいるのは、リアルおかんたち。そのおかんたちが「これ美味しいよ」とか「あったかいのもってきな」とか声かけてくれて、そういうの嬉しいんだよね。そして無条件におかん相手だと安心して気を許せちゃうの。それどころか甘えたくすらなるよね。「からあげ1個おまけしてよ」みたいな。町中で会うオバハンは時に面倒でもあるけど、食堂で会うオカンは本当に本当に素敵で格好いいのです。

さあ、みなさんも日本の誇る名もなき普通のオカンに会いに行こうぜ。そうそう、ここ屋上テラスもあるらしいから、暖かくなったらそこでパーティなんてのもよさそう。夏には神宮球場の花火も見えるっていうしね!

by april_hoop | 2011-01-14 00:00 | 美食


<< 感想_君に届け(4)(5)(6)      感想_白いしるし >>