人気ブログランキング |
2009年 09月 23日
無印良品である理由
c0160283_20491427.jpgc0160283_20492335.jpg無印良品の池袋西武店が9/18にこれまでの約2倍に超増床リニューアル。新しい旗艦点として、無印の全7500アイテムを取り扱うそうです。ただいまリニューアルキャンペーン中。ってもうすぐ終わりだけど。
無印良品 池袋西武リニューアルオープン情報

イルムス館を潰してのリニューアル。確かに広い〜。商品多い〜〜。軽く迷うかも。どっちかと言えば有楽町店のほうが見やすくていいかも。ってのは置いといて。無印って、かゆいところに手が届くしリーズナブルではあるものの、激安ってわけでもなく、なかなか取っ付きづらい印象もあって。シンプルなのは素晴らしいけど時にそれが退屈だったり。いやもちろん部分的にはかなり愛用しているんだけどね。でまあリニューアル自体は大したニュースでもないと思います。ゆっても自分の行動範囲にあるショップにしか行かないから。

がしかし。リニューアル記念で、「無印良品の理由(わけ)展」てのを27日まで入場無料でやってるんです。ここには7500の中から無印イズムを代表するアイテムが展示され、その開発やものづくりに対する哲学が解説されてるんですね。それを改めて見たらなんだか猛烈に感動しました。良品計画って、こんなにも真摯にものづくりに向き合っているのか、と。それは上っ面なエコやロハスではなく、30年近く前に誕生して以来今日までコツコツと軸をブラさずにやってきた結果なんだな、と痛感。自転車が流行したり、店員がみんなボーダー着てたりした時代もあり、ムック本が売れたり、海外進出までしたりってのは、単なるムーブメントなんかじゃなかったんだね。いいものを作り続けたからこそカスタマーが付いて来たという当然の帰結だったのか! 目ウロコ。

そう思って改めて見ると、商品への印象、接し方、考え方が随分変わりますわ。無印良品である理由、しかと心に刻んで向き合わせていただきたいと思います!

by april_hoop | 2009-09-23 00:00 | 物欲


<< 美食百花dish61_CCDが...      バイコロジー、まだまだ加速中 >>