人気ブログランキング |
2009年 09月 17日
アディダスが下取りやるってよー
c0160283_22593133.jpgスポーツの秋~。でも不景気~。だからかどうかは知らないけど、アディダスがこんなフェアを始めます。明日から。
adidas「リフレッシュ スポーツ プロジェクト」
話は簡単。いらいないスポーツ用品(アパレル、バッグ、シューズ、ユニフォーム、ギア、ボール)をショップに持ち込むと、1点につき500円分のチケットに変えてくれるんだそう。最大5点までで、チケット使用は3000円以上お買い上げに限る。一部対象外商品もある模様。各業界でいろんな下取り⇔金券があったけどついにスポーツにも登場だね。

あまりにもひどく汚れてたり濡れてたりしなければ交換OKらしいけど、回収したアイテムをどうするのかまでは書かれてないし、なんとなく突貫企画感あり。18日からなのに11日にプレスリリースっていう告知の遅さからしてもわりと急に決まったんだろーな。ひとり5点までというのは一度に5点までということで、何度きてもいいのかな? そしたら1回に金券6枚以上使えるのかな? 靴下はありorなし? 微妙に疑問があるけどそれは問い合わせるしかないか。いらないスポーツアイテム、けっこうあるなー!(東京マラソンTシャツとかも実は要らないです)

逆に言うと、新しくほしいものも特にはないんだけど、まあ店に行けばなんかあるでしょう。いらないTシャツとかよりは、タオルとかのほうがまだ利用価値あるかもしれないし(どっちもどっちか)。なんにせよスポーツ業界が活性化するならそれでオッケー。さあみんな、アイテムを新調してスポーツの秋すべし! 期間は11/5まで!(金券使用期限は11/8まで)

<09/09/23追記>
下取り出して来た! いざタンスをひっくり返してみると、要らないウェアはあんましなくて、要らない靴がいっぱいあった。のでサイズのあわないタンクトップ(かなり新しい)、全然履いてないナイキハーフパンツ(毛玉あり)、もらいものだけどサイズの合わなかったスーパースター、初代ランシュー(砂埃汚れあり)、随分昔に買ったリーボックの投てきシューズ(ボロボロ)を下取りに出すことに。池袋のパフォーマンスセンターで尋ねると普通のレジで対応。下取りのジャッジに悩む女子店員。先輩男性店員が助っ人で登場。一旦引っ込んで悩んだ末に、リーボックのシューズのみぼろすぎるから下取れないとのお達し。確かによくよく見ると相当傷んでました。こんなのもってくるなよ!と内心思っていたことでしょう。ごめん。つーかランシューも壊れてこそいないけど大概汚れてました。あの富士登山に履いて以来洗ってもいません…。

「基準はなんなんですか?」と聞いたところ、ソールなどが破損されているものは難しいです、と。はい、ぼくからみてもこの靴はナシです。「金券への引き換えはなしでよいので、処分していただけますか?」と聞くとオーケーしてもらえました。持ち帰らなくてすんだのはかなり嬉しい。ついでに「下取りしたアイテムはどうなるんですか?」と問うと「海外などへ寄付されます」とのこと。そのへんはあらかじめ明記した方が良いような気がするけどね。

ひとつ誤解してましたが、引き換える500円分の金券は、3000円の買いものに付き1枚使用可でした。4点引き換えたけど、全部使うには12000円分の買いものが必要。買う気が失せたのは言うまでもありません(ならアウトレット行くよって感じ)。欲しい人いれば進呈します。ちなみに、金券が使用できるのは引き換えした店舗のみ、つまり池袋のパフォーマンスセンターのみだそうです。

by april_hoop | 2009-09-17 00:00 | 体育


<< 18Q4、丸の内が生まれた。      森を追われる森ガール >>