2007年 08月 15日
泳がない夏なんてキミのいない世界のようだ
c0160283_2147052.gif暑さ尋常じゃなく厳しいので、プールへ。男2人。富津ジャンボプール。
富津公園ジャンボプール

海かプールか迷ったけれど、とにかく泳ぎたい!てのと比較的近いてことで、プールに。千葉出身なので千葉のプールをチョイス。で、行った事なかった富津。完全に名前負けでちっとも「ジャンボ」ではない。なんせ流れるプール、50mプール、ちびっこプール、波のプール、この4種類だけ。目玉は3種類のスライダーというこじんまり具合。

そこそこ客は入っていたけど、6割がローカル、3割が千葉・船橋から、残り1割がその他関東から、という印象(ナンバー調べ)。ファミリー度80。流れるプールと波のプールは親子でザ・芋洗い。スライダーが常時30分以上待ちなのは、キッズの滑りがとろくて回転悪いから。最低だったのは、地面が猛烈に熱くて足の裏ヤケド気味になったこと。砂利もやたら多いし、物理的にも温度的にもかなり痛かったぞ。そこはなんとかしてくれよ、ジャンボ!

でも、全然いいの。50mプールはおかげで空いてて日差しを浴びてちゃぷちゃぷ、ちゃぷちゃぷ。泳ぎたくなったら泳ぎ、後はプールサイドに腰掛けてのんべんだらり。また泳ぎたくなったら泳ぐ。水ってなんて素晴らしいんだろう! なんて気持ちがいいんだろう!! 屋外プールで泳ぐという夏ならではの最大級の贅沢は、もっと享受しないと損だ! 水着が着られないとか言ってる女子、そんな外聞よりもこの快感&解放感のほうが絶対重要! レッツゴー、プール!!

たっぷり3〜4時間、水と戯れて大満足。心地よい疲れと、塩素が誘うノスタルジー。プールは海と比べてお着替えも楽ちん。帰りがけにもう少し足を伸ばして、船主で寿司をいただく。やたらと地魚押しが美味。ひりひりと日焼けした肌をいたわりながら、これ以上ない充実感を持って帰途につく、ゲイのカップルに見えたであろう2人。来週もプール行こうかしら。

泳がない夏なんてキミのいない世界のようだ2014
泳がない夏なんてキミのいない世界のようだ2013
泳がない夏なんてキミのいない世界のようだ2012
泳がない夏なんてキミのいない世界のようだ2011
泳がない夏なんてキミのいない世界のようだ2010
泳がない夏なんてキミのいない世界のようだ2009
泳がない夏なんてキミのいない世界のようだ2007
[PR]

by april_hoop | 2007-08-15 00:00 | 閑話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://aprilhoop.exblog.jp/tb/12017762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 人生最高地点に立つ(前編)      感想_やさぐれぱんだ >>