タグ:アート/カルチャー ( 302 ) タグの人気記事

2017年 09月 16日
サンシャワー(森美術館編)
c0160283_21274039.jpgc0160283_21274224.jpgc0160283_21273886.jpgc0160283_21273543.jpg
東南アジア美術を一挙大公開中かつ、国立新美術館と森美術館での共同開催となっている「サンシャワー」。新美に続いて、森美術館編をお届けします。

森美術館は、まず入口手前の天井に、大きな像の立体が吊り下げられているところからスタート。最初のセクションは「発展とその影」。急速な経済成長を遂げる中で、中心部はグイグイ都市化してますが、その歪みをモチーフにしています。高速道路が出来たことで家を移さざるをえなかった家族。失われた古くからの生活様式。都市化することで経済的には豊かになるのかもしれないけれど、その中で損なわれていくものに光をあてる作品が多いですね。こういうのは東南アジア以外にもありますが、地理的に近いからかより身近に感じさせます。

「アートとは何? なぜやるの?」のセクションは、アートシーンが未発達ゆえにアーティストがコミュニティを作り、ワークショップをするなど市民を巻き込んで行われるプロジェクトを紹介。こういうのは東南アジアのパワーや熱気が伝わってきて、可能性を感じます。

そして、個人的に今回の展覧会で最も印象深かったのが次の「瞑想としてのメディア」。言葉にしにくいけど、古くからの土着的な価値観、宗教観に根ざした作品が紹介されています。今でいうマインドフルネスと近いのかもしれないけれど、西洋とは違う非物質的なもの、霊的なものへの信仰心とか、そういうものが、今こそ求められているような気がしました。世界は物質化し、そして今はインターネット上で高度に合理化された世界になってます。データとマーケティングが幅を利かせ、隙間を埋めるシェアリングエコノミーが次のスタンダードになろうとする今だけど、そういう西洋っぽい合理主義とはかけ離れた、東洋的な思想こそ、大事にすべきものなんじゃないかな、と。太陽神のヘリオスと花の陶器をひたすら並べて壁に貼った作品を見ながらそんなことを思いました。合理だけで生きていくのはしんどいのよ。

最後が「歴史との対話」。第一世代的なアーティストへのオマージュや、タブー視されていた戦争や抑圧の記憶の掘り起こしなど、過去と向き合う系の作品群。展示の一番最後は、頭上にカラフルな風鈴が大量に設置されていました。風鈴の起源て東南アジアなんだってね。そしてその風鈴は、あの涼しげな音を鳴らします。しかし、それは妙に不穏な響きにも聞こえます。物質としては色鮮やかで、東南アジアらしいポップな見た目なのに、どこか影や憂いを感じてしまう音色。ここまでの作品で、その複雑に絡み合った世界観を見てきたからこそ、そう感じたのかも。結局、森美術館側の展示も駆け足ながら1時間を要しました。映像作品はほぼ飛ばしてしまったので、本来ならば倍の時間をかけてじっくり見たかったけれども。

ということで、まずはとにかくすごいボリュームで、その歴史背景から独特な文脈が展開されるアートの数々でした。明らかに欧米の現代アートとは趣が異なるなぁと思ったよね。創作というよりも、メッセージ性がとにかく強い。でも、それだけ切実なんだろうなと思いました。東南アジアも先進国社会に取り込まれていくのか。それとも世界とは似ることなく、独自のスタイルを築くのか。アートを通して感じてみるのもオススメです。アート好きには是非オススメしたい展覧会でした。


[PR]

by april_hoop | 2017-09-16 00:00 | 文化 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 15日
サンシャワー(国立新美術館編)
c0160283_20592272.jpgc0160283_20593554.jpgc0160283_20593911.jpgc0160283_20594170.jpg
行ってきました、東南アジアの現代美術を集めた展覧会「サンシャワー」。なんと国立新美術館と、森美術館が、共同開催という初めての試み。まずは国立新美術館の方から見てまいります。ちなみに、サンシャワーとはお天気雨のこと。東南アジアに多い気象現象であり、そして晴れと雨が同時に存在するというところに、貧困と海外資本、かつての植民地かと独立など、複雑な現地の事情のメタファーにもなっています。なるほど。
サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで

さて、久しぶりの新美、改めてこの建築は素晴らしいよなぁなどと思いながら、展覧会場は2階のお部屋。そんなに大きくないんだな、なんて思ったけれど十分な迫力で、割と急いで見たけど1時間はかかりました。今回の展示は、2つの美術館合わせて9つのセクションに分かれていて、全部で86組の作家が出品しています。すごい規模だー。

さて、まずは「うつろう世界」のセクション。東南アジアの複雑かつ翻弄されてきた地理的な文脈から生まれたアートが展示されてますが、ここからもうなんだかつかまれました。複雑に変更されてきた国境や、民族の移動など、その歴史は本当に一筋縄ではいかず、僕なんかは普通に観光客としての視点しか持っていなかったけれど、そんな浅はかさが木っ端微塵になっていきます。第二次大戦後に、マレーシア、インドネシア、フィリピンを統合しようなんて考えがあったなんて初耳。「マフィリンド」という名前までついてて、その構想上の地図を現代の目線で描いた作品にも興奮。もちろんユートピアなんかを描いているわけではなく、3国だけでない海外諸国の事情も含まれた困難すぎるだろうそのパラレルワールドこそが、東南アジアの難しさを表してました。安易に「難しい」なんて言葉でくくってもいけないんだろうけど。

「情熱と革命」のセクションでは、第二次大戦後の各国の独立運動に、ベトナム戦争などもモチーフになった作品たち。もう見るからにヘビー級な作品です。東南アジアのアートは、森美術館で過去にも取り上げているけど、やっぱりこの戦争や貧困といった出発点がとても多く、そういう背景の知識が求められる部分が多い。「アーカイブ」のセクションは、未発達だった現地のアート界でもようやくアーカイブが始まっていて、その記録や資料が展示されています。

引き続き複雑なのが「さまざまなアイデンティティー」。民族と国が必ずしも一致してない現地で、さらには越境やら中華系やら欧米からの移住もあったりと、ルーツがさまざま。ポスターになっている作品<奇妙な果実>もここで展示されていて、黄色人種である自らのアイデンティティーを問うために作家自ら真っ黄色にボディペイントした「イエローマン」になって世界を訪ねるというやつ。自分も、在日韓国人という出自を持つだけに、この自分探し感覚はわかるきがするなぁ。

最後のセクション「日々の生活」は比較的ほっこり路線かな。歴史系とは一線を画した、日常のものや、風習・暮らしなんかを題材にとったものたち。一番インパクトがあるのが、床に敷き詰められた糸くずの中に、金のネックレスが9本混じっているというやつ。見つけたらもらえるらしく、マダムが頑張って探してました。その様子を眺めるのも作品の一部で、滑稽さや、人間の欲望がテーマ。どんだけ糸くず詰まってるんかいなと掘り返してみましたけど、だいぶ深かったわ。どこにあるかわかんないけど、見つけるの無理無理。なんてあきらめるのかどうか、みたいなところもテーマの一つとして問われている気もしなくはない。

いやー駆け足で巡るには厳しい質&量だわ。森美術館は別の日に改めようかと思ったけどここまで来て引き下がれないので一気にいきます!




[PR]

by april_hoop | 2017-09-15 00:00 | 文化 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 15日
その瞳の奥にいるのは君だった。
c0160283_14270755.jpgc0160283_14270771.jpg豊田市美術館で、7/15〜9/24まで開催される「奈良美智 for better or worse」を鑑賞した。奈良美智といえば、独特の少女の絵画がパッと思い浮かぶ。キッとこちらを睨むような反抗的な目もあれば、どこか危うい脆さを秘めた目もあれば、ディテールは少しずつ異なるけど、大まかなところはだいたいみんな同じものをイメージするんじゃないかと思う。でも、今回の展示で、そのイメージはいい意味で覆された気がする。

奈良美智は愛知にゆかり深い作家。そもそもが愛知県立芸大で学んでいたこともあり、7年ほどこの地で暮らしていた。その後ドイツに渡るが、帰国後も折に触れ愛知に戻っては、旧交を温めたり、制作をしたりしていたのだそう。そして、震災後に筆を持てなくなった時も、母校で学生を教える中でもう一度美術に向き合うことで、再び描きたいという意欲を自然に取り戻せたのだそう。ということで、ここは作家にとってもはや故郷と呼べる場所なのだそう。

前振りが長くなったけど、作家としての重要なルーツである場所での個展ということで、学生時代から時系列に沿って、代表作が展示され、最後には新作が登場。回顧展としても成立しつつ、未来を予感させる充実の展覧会だった。海外所蔵で、日本初公開作品もあったり、これだけの奈良作品が一堂に会する機会は、日本では今後何十年もないかもしれないレベルだそう。

改めて、学生時代の作品は今とはだいぶ趣が違って、まだまだ複雑な要素を残している。それが90年代以降、徐々に余分なものは削ぎ落とされ、愛らしくもあり憎らしくもあるフォルムへと落とし込まれていく。その表情は挑戦的であったり、孤独であったり、カウンター感が満載。しかしやがて2000年代頃から、人物ははっきりと正対する構図となり、2010年代以降は表情も実に穏やかに、瞑想的になっていく。はっきりしていた輪郭は徐々に自然なラインとなり、色彩も徐々に淡い抽象性を出し始め、そして最新作ではトーンを少し落とし、より内省的にも見えてきた。少女というモチーフは一貫してありながら、こうして時系列で俯瞰することで、明らかな変化を感じ取ることができるのも、今回の展示ならではだろう。

展示作品は約100点。木彫などの立体作品もあるけど、ほとんどは絵画で、でもそれこそが作家のアイデンティティだしいい構成だったと思う。また、スペースをゆったり贅沢に使っていることで、余分なことを考えずに作品と向き合えるように作られているのもいい。ちなみに最初の展示室には、奈良さん所有のレコード、書籍、人形などが持ち込まれ、彼のアトリエを再現。こう言う展示は過去にもあったけど、質量ともに過去最高だそう。そしてレコードジャケットは自分にとって画集だったという通り、作品との共通点が見られるのも面白いところ。あらゆる意味で奈良さんのルーツと足跡がはっきりと感じられる展覧会。意味ありげにこちらを見つめる作品の瞳の中に写っているのは、奈良美智その人なんだなと気づかされます。そしてそれは同時に、僕自身のことも写しているような気がしました。一貫したスタイルでありながら、しなやかに変化を続け、30年以上にわたって一線で制作をし続けるその静かなパワーにも圧倒されます。奈良ファンはもちろん、そうでない人も、特に美術が好きでなくても、必見の展覧会。奈良さんの絵は、どうしたってキャッチーだしね。

ところで、初めてやってきた豊田市美術館は、とんでもなく素敵な美術館でした。建築は谷口吉さん。美しい直線と、和の趣を感じる静けさ。高台に位置して街を見下ろせるのもナイスで、庭も広くて気持ちいいです。レストランも素敵そうだった。ぜひこの夏は豊田市美術館へ。素晴らしい時間を約束します。



[PR]

by april_hoop | 2017-07-15 00:00 | 文化 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 20日
アスリートをデザインする
c0160283_23180230.jpgc0160283_23180973.jpg
c0160283_23181503.jpg21_21 DESIGN SIGHTでやってるアスリート展、見てきましたー。やや期待外れだったところもあったけれども、興味深いです。

運動を極めるアスリートを、幾つかの視点で分解したような展示です。ディレクターが為末さんとあと二人。まず最初に待っているのは、スプリントなどの動きをモーションキャプチャーしたもの。躍動感が伝わるけど、特段のインパクトはない。あと、スポーツ報道写真が会場内幾つか展示されていたけど、これも僕は報道写真展でよく見ていた類のものなので、目新しさはなし。そして「驚異の部屋」なる空間では、100m、110mハードル、走り幅跳び、走高跳び、棒高跳び、マラソンの世界記録をアニメーションで上映。うーむ、その凄さを体感するってことらしいけど、これにはあまり臨場感なかったなー。もっとライブに体感させて欲しかったわ。

こりゃ期待外れかもーと思ったところで、次のゾーンでようやく体験型の展示が登場。アスリートの感覚や能力を体感するといった趣旨で、指示に従ってプログラムを行います。指示された重さで重りを引っ張ったり、ある長さを感覚で測ったり。アスリートの目の動きを追体験するってやつ、僕、アスリートと似たような目の動きしてたんですけど。あと、タイムプレッシャーという、時間内にピンポン玉を穴に入れるやつは、初回がうまくいきすぎてプレッシャーとは別の問題で2回目の方が遅くなっちゃったよ。とか、なんのこっちゃわからないと思いますが、総じて小粒な体験でした。僕が考えているアスレチズムとはだいぶ距離のあるコンテンツだったな。もうちょっとストラックアウトとか、パンチングマシーン的なよりフィジカルでゲームっぽいの期待してたわ。

こういう体育系のテーマパークできればいいのになー。うまくやれば老若男女楽しめるパークができる気がするのだけれど。昔、ナイキが昔、北の丸公園でやってたのなんだっけ〜、あれ的な。あれをもっとフィットネスに寄せればなー。スポーツテストの要素を入れながらさ。ボルダリングジムとか、パターゴルフとか兼ねながらさ。

そうそう、今回の展示用のグッズがいろいろユニークだった。サッカーボールやバスケットボールの皮を使ったバッグとか、マルチケースとか、ちょっと欲しかったし、HURDLERというブランドを立ち上げて作ったオリジナルのTシャツもかなり欲しかった(とりあえず我慢)。関連トークイベんともこれからあるようなので、ご興味ある方はぜひ〜。



[PR]

by april_hoop | 2017-02-20 00:00 | 文化 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 01日
AMAZING TOYAMA 03
c0160283_21001500.jpgc0160283_21003464.jpgc0160283_21004190.jpg富山に来た理由の一つは、2015年にオープンした「富山市ガラス美術館」に来たかったからなのでした。これ、キラリという公共施設の中に入っていて、建築は隈研吾さん。富山は薬の街として有名ですが、薬ビンも多く作っていたため、ガラスの街という顔もあるそうです。ということで外観はそのガラスを活かしたデザインでインパクト抜群。そして中に入ること、これはもうまさにザ・隈研吾という仕様。圧巻でございました。美術館は複数フロアにわたって展示室があるほか、図書館も備えてて、これがまたおしゃれでね。こんなところで読書やら勉強やらしたかったですわ。

さて、肝心の美術館は、常設展と企画展の2本立て。常設展は右の写真がそれで、現代ガラス作家の巨匠と呼ばれるデイル・チフーリさんの作品が鎮座。この派手さ、インパクトは、草間彌生クラス。これ以外の作品も、有機的な造形とカラフルな色彩で、思わずため息もれましたとも。もともとはまっとうそうなガラス作品でしたが、だんだんととんがっていく様や屋外での大がかりなインスタレーションの様子なんかも見れてよかったわ。企画展も、ユニークな作品が並んでました。いやー、想像以上のインパクトだったな。満足。

外はすっかり暗くなり、夕ご飯は美術館とホテルの間で見つけた居酒屋さんへ。特に可も不可もないのに、お魚中心に美味しかったわ。さすが富山。さらに、「富山づくり」がちょうど少し前にリリースされたばかりでオススメされ、まんまと頂きましたとさ。来年にはさらに富山県立美術館もできるとかで、それもまた楽しみだなー。どんどん富山の魅力にはまってきますわ〜。



[PR]

by april_hoop | 2016-11-01 00:00 | 旅情 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 04日
瀬戸芸2016夏_04
c0160283_22355635.jpgc0160283_22360308.jpgc0160283_22360695.jpg犬島をあとにして向かったのは男木島! ここも何度来てもいいですね。港に着くと迎えてくれる、ジャウメ・プレサの多言語ビジュアライズ作品にグッときます。なんて青空に映える作品なのかしら。

まずは腹ごしらえ。去年できたばかりというビストロ伊織さんでランチを予約しました。島の魚など地元食材を見事なお手前で仕立てた絶品で、まさか男木時までこんな洒落たご飯を食べられる日が来るなんて!と驚いちゃったよ。さて、お腹も満たされたところで、レッツ島巡り。古民家で不思議なコンタクトレンズみたいなのをはっつけてある作品を眺めつつ、上へ上へ。アキノリウムという作品は、単純だけど、手作り機械が奏でる音に癒されるわ〜。さらに大岩オスカールさんの、部屋の中の垂直水平がめちゃくちゃというトリッキーな作品も楽しい! インセプションのジョセフゴードンレヴィットが活躍するあのシーンみたいな感じ! と、超駆け足で男木島にグッバイ。

最後は女木島です。ここは2010年以来の2度目。まず向かったのは、女木島名画座なる作品。大きな倉庫を改装して、昔ながらの映画館に仕立てちゃいました。実際に権利切れの映画(チャップリンとか)が上映されてて普通に映画鑑賞できるんだけど、ここはとにかくその世界観を絵画で表現していて、ロビースペースもそうだし、抜かりがなくて感動しました。ゆっくり映画みたかったよ。

でもって大ラスは、島の反対側へ写真のバスを使って移動します。途中チャリで挑んでひどい目にあってる人がいらっしゃいました。手のはさておき、すんごいインパクトの「OKタワー」。島の人たちをインタビューしてその顔を塔のボディにインストールするという大胆作。そして塔の上まで登れちゃっていい景色も見れちゃったりします。というところでタイムアップ! 船にギリギリ駆け込んで高松に戻って、帰り支度です。ちょっとだけ時間に余裕があったので、タクシー飛ばして、地元オススメのうどんばか一代へ。釜玉バターをいただいて、これで香川に悔いなし!

ものすごい弾丸になっちまいましたが、やはり3回目になっても瀬戸芸は楽しい! 3年後と言わず、秋も、来年も楽しみすぎますね。行ったことない人には是非足を運んで欲しいと思います。



[PR]

by april_hoop | 2016-08-04 00:00 | 旅情 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 03日
瀬戸芸2016夏_03
c0160283_22260457.jpgc0160283_22261049.jpgc0160283_22261412.jpg2日目。今日も快晴! この日は初めてのマリンタクシーを使って犬島へ。予想以上に小さい船で焦りましたが、約45分で着きました。人数がある程度いれば、所要時間考えるとこっちの方が得な場合もあるね。覚えておこっと。さて、瀬戸内海は今日も穏やかで、いつものかすみがかったような空で、どうしようもなく癒されるわ。この景色が見たくてここまで来てると言っても過言じゃないよ。

さて、犬島は2010年に来て以来。家プロジェクトがめっちゃ進化しているらしいのを楽しみに参りました。そしてその期待に見事答えてくれるラインナップ! まずは「目」の一員でもある荒神さんの2つの作品。コンタクトレンズの方は、不思議な世界の見え方で楽しく、上下でシンメトリーになった花柄の作品はこれはとにかくインスタジェニックでクール。さすがこの島はベネッセ管轄、クオリティが高いです。

続いて、黄色い糸が無数に張り巡らされた新作は、光を可視化した作品だそうで、これまたスーパークール。実際にハンモックに揺られてもいいそうで、こりゃたまらんね〜。なんとも言えない心地よさ。そして見たくてたまらなかった名和晃平さんの作品へ。芸術が爆発しちゃってるこちら、言葉にできないけどさすがのインパクト。3年前にできたこの作品、何気に横っちょの小部屋が3年前より進化していて、ここはこれからも年々変化させていくそうで、それを聞いたらまたこなきゃいかんじゃないかー! ついていきますよもう!

知らない間にカフェも増えて、犬島の充実度はすごいな。今年は必見の島の一つじゃないかと思います。いやーわくわくがとまんねー。あと汗も止まらねー!



[PR]

by april_hoop | 2016-08-03 00:00 | 旅情 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 02日
瀬戸芸2016夏_02
c0160283_22145743.jpgc0160283_22151014.jpgc0160283_22153018.jpg瀬戸芸初日、小豆島旅は続きます。次に向かったのは、空き地に突然現れる青い足! 謎のワイヤーで作られたこれ、なんと中に入ることもできます。そしてこのほかに、人の顔とイノシシ型も。なんでも秋にはさらに増えるという話。すっごい瀬戸内っぽい作品ですよねー。

で、ちょっと小休止するべく、こまめ食堂へ。ここに来るのももう3度目。東京でも2度行ってないお店がうなるほどあるのに、まさかこの島の食堂に3度も足を運ぶことになるなんて、不思議なご縁だわ。で、いただいたのが、醤油ミルク金時かき氷。これ、めっちゃくちゃ美味かった。人生のかき氷ベストワンだわ。蒼井優ちゃんに教えなくちゃ!なレベル。小豆島産の醤油が不思議とナイスマッチで、みたらし団子のような風味というとイメージ湧くかな。とにかくうまい。これは絶対にまた食べに来るわ。

でもって直ぐそばの、おなじみの竹のドームの作品へ。これ、毎回作り直してて、その度に大きくなってるんだって。前にも増して気持ちのいい空間で、和んでいる人が結構いたのも納得。今度ここでミニライブもやるそうで、気持ち良さそ〜。てことで小豆島は駆け足だけどこれにてフィニッシュ。最後港でおなじみのオリーブのやつを拝見して、島を後にしたのでした。今日は高松泊。おなじみのクレメントホテルでございます。

晩御飯、地元の人にオススメしてもらった瀬戸内家 良ちゃんがものすごくおいしくていい店だったよ。駅も近いけど、裏通りなので観光客皆無。これも再訪したいレベル。そしてさらに地元の人に連れられて、ブックマルテ、しるの店おふくろ、半空、とはしご。濃い瀬戸内の夜が更けていくのでした〜。



[PR]

by april_hoop | 2016-08-02 00:00 | 旅情 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 01日
瀬戸芸2016夏_01
c0160283_22203269.jpgc0160283_22204177.jpgc0160283_22210617.jpg3年に1度の瀬戸内国際芸術祭が帰ってきました。ご存知、香川と岡山の間の島々で行われる国際展覧会。今回も行ってきましたぞよ。思えば第一回はもう6年前になるのですね…。

今回は高松空港から入ってまず向かったのは小豆島。前回もすごかったけど今回も注目の新作が目白押しとのこと。楽しみ楽しみ。でも、着いたらもうお昼だったので腹ごしらえから。車を走らせてたら出てきたちょっとおしゃれな感じの島メシ家さん。デリスタイルで、4品選ぶタイプのランチがビンゴ! 地元食材たっぷり、美味しかったわ〜。同じ敷地の建物にはおしゃれお土産もあって、あの真砂喜之助製麺所のそうめんもあったよ(買えばよかった)。

さて、最初に向かった作品は、島メシ家から徒歩で行ける、「目」さんの作品。前回も同じ町で、民家を丸ごと迷路みたいにする作品を出してたけど、今回もそのシリーズ。なんと一見普通の古民家の中を、真っ白な洞窟に大変身! 単純だけど超おもしろ。真っ白なマシュマロの中に入ったみたいなのに、ところどころ柱とか、窓枠とか、民家の名残があるのがまた面白い。家という空間が、家じゃなくなった時のスペース感覚とか、面白いな〜。結構広いな!とか。

そこからさらに歩いて向かったのは、大岩オスカールさんの作品。大きな建物の中に設置された謎のドーム。その中に入ると、なんと一面の絵画作品! モノクロで、一見水墨画チックだけど、その実、マジックで全面描かれている。これは大作だ〜! これだけのボリュームを破綻なく描くのすごいな。五百羅漢図に負けてないかもしれないぜ!? よく目をこらすと、結構書きなぐった感じではあるのだけど、それがまたいいね。全体としての印象と、ディテールのギャップ。狙ってるんだろうな〜、この感じ。

早速大興奮したのち、一気に車を走らせて、二十四の瞳村まで。その駐車場の前に突然現れるのが、謎に巨大なボラード。ってなんだっけ? あー、あれです、ボラード、岸壁で船を紐で括りつけるときのあれ。それをまんま巨大化させたという。不思議な存在感で、なんだこれなんだけど、面白い。こちら、同じ小豆島で、リーゼントのオリーブなる作品を前回出した方の新作でした。世界観が確かに一緒!

いやー、いいね、小豆島。天気もドピーカンで暑すぎるけど、楽しいぜ。まだまだ続くよ!



[PR]

by april_hoop | 2016-08-01 00:00 | 旅情 | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 17日
星を継ぐものたち
c0160283_114441.jpgブルータスの、「明日を切り開く人物カタログ」特集面白かったわー。いろんな業界の、現在のエースと、次代を担うだろうホープたちが取り上げられてて、これまでのおさらいと、未来予測が一緒になっていて。時代はさらに加速しているし、そして新しい才能もどんどん生まれているんだな。
『次は誰? 明日を切り開く人物カタログ。』Brutus No. 795 | ブルータス (BRUTUS) マガジンワールド

音楽も、アートも、ビジネスも、デザインも、ネット以降はどんどん新しいことが生まれていて、その時代感が詰まった一冊だったように思います。今起きていることを知るだけでも楽しかったし、最前線で何が起きているのか、限られた紙幅ではあるけど、刺激を受けるには十分なボリュームだったな。やっぱり刻一刻と世の中が変化していて、それにアジャストすることはもちろん、その中でどうやってイロを出していくのか。簡単じゃないけど、まだまだイノベーションは止まらないのかも、とも思って。

なんだか最近、時代の変わり目にいる感がすごく強くて。単に季節の変わり目以上の変化の予兆を感じています。たまたま自分が管理職っぽい側に移り始めたことや、自社が揺れている時期だからかもしれないけど、日本や世界情勢も何かが起こりそうな感じがすごくするし、いよいよインターネット後の世界が確立されていくような感じなのかな。雑誌作りが、なんだか石炭掘っているような気もしているのです。後戻りできないくらいの変化が待っているんじゃないかって。

そこまで大きなパラダイムシフトじゃないのかもしれないけど、なんにしてもそういう時代を生きている以上、その中で何をどうやっていけるのか。取り残されないように柔軟に貪欲に頑固に立ち向かわないとな。あっという間に置いてかれちゃいそうだもんな。変化を受け入れ、そしてその中でイノベーションしていくこと。おっさんになってきて、新しい考えや価値をなじませにくくなってきたことを自覚しているけど、それじゃいかんぜ。

次は誰? オレでしょ! って言えるように、まだまだがんばらないとと、大いなる刺激を受けたのでした。
[PR]

by april_hoop | 2015-02-17 00:00 | 出版 | Trackback | Comments(0)